1. ファイナンシャルプランナーになるために必要な勉強期間

ファイナンシャルプランナーになるために必要な勉強期間

 ファイナンシャルプランナーは、家計にかかわる金融・税金・不動産・住宅ローン・保険・教育資金・年金制度など幅広い知識を備え、資産計画や資産運用のサポートする専門家であり、色々な方からの支持を集めている人気の資格です。

 では、その資格を得るためには一体どれほどの勉強をしなければならないのでしょうか。ファイナンシャルプランナーになるために必要な勉強期間について、ファイナンシャルプランナーの1~3級での難易度などを見ながら説明していきたいと思います。

ファイナンシャルプランナー3級

 ファイナンシャルプランナーの3級くらいだと、ほとんど基礎的な知識だけで十分であって、勉強方法も過去問を2~3年分勉強して何回か繰り返せば、初心者のレベルであっても十分に対応できる問題であると言われています。

 そのため、3級レベルの場合はそれほど時間を要しません。独学でも平均して100時間ほどあれば十分に取れる範囲の資格であると言えます。もっと早い人であれば、数十時間でも十分でしょう。

ファイナンシャルプランナー2級

 ファイナンシャルプランナーの2級くらいになってくると、3級のように過去問を解いているだけでは対応できなくなってきますので、勉強時間も3級よりも増えてきます。市販の教科書を熟読したり予備校などで勉強したうえで、過去問を何回か解いていく必要が出てきます。

 2級の平均的な時間として200時間くらいあれば合格できる水準に達成することができます。難易度は並の試験レベルですので、勉強の計画をあらかじめ立てておいて正しい勉強法をすればこれぐらいの時間で合格達成ができるでしょう。

ファイナンシャルプランナー1級

 ファイナンシャルプランナー1級の難易度は、かなり高いと言えます。普通の人が勉強して資格獲得をするのは難しく、実務経験が少ないとなかなか合格できないものなのです。

 試験のレベルとしても、現役の知識と経験が豊富なファイナンシャルプランナー向けの資格ですので独学ではかなり難しいとされているので、講座を取るなどでかなり計画的で効率のいい勉強法を取らないと難しいです。

  1級の平均的な時間として400~500時間は最低必要です。経験が少ないFPなどになってくるとより平均時間がかかります。FPをすでに実務でやっている人であるなら、勉強時間だけでなく実際の仕事も勉強の一環だと思ってしっかり意識を持って学ぶといいです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する