1. [3つの事例から考察]自社の強みを活かした勝てる戦略の練り方

[3つの事例から考察]自社の強みを活かした勝てる戦略の練り方


 事業には必ず戦略が必要になりますが、それを策定する際には様々な要素を吟味しつつ決めていかなくてはいけません。そこで今回は牛丼チェーンの戦略を例に挙げながら、企業が取るべき戦略について述べていきたいと思います。戦略を練るうえで最も重要なのは、「自社が持つ付加価値は何か」ということを突き詰めることです。

 自社の強みを分析する際には、定性的あるいは定量的にさまざまな議論が行われるかと思いますが、商品を購入する側がなぜ自社製品にそれだけの対価を払うことに納得しているのか、あるいは他社でなく自社のものを購入しようとしたのかを考えることから戦略の立案が始まります。

 今回、牛丼チェーンは「吉野家」「すき家」「松屋」の3店のそれぞれの特徴について述べながら、各社の強みについて戦略を練る時に大事な事を一般化していきます。


吉野家の特徴と強み


 多くの人が吉野家について思っているイメージは、大手牛丼チェーンの中で吉野家が一番牛丼本来の味にこだわりをもっているのではないか、ということです。

 多くの人が持っているイメージが共通するするのであれば、吉野家が戦略として考えるべきは、多少値段が他の牛丼チェーンと比べて高くても牛丼の味にこだわり続けることだと思います。


すき家の特徴と強み


 すき家の特徴としては、牛丼チェーンの中で一番メニューの種類が豊富なお店だということです。牛丼メインであるもののカレーもサブメニューとして充実しており、ネギトロ丼や麻婆丼といった丼物のメニューまで幅広く展開しています。

 味もさることながら、すき家の強みとはこの豊富なメニューで幅広い客を取り入れているという点でしょう。

松屋の特徴と強み

 
松屋はよく牛丼チェーンの一社として比較の対象にあがりますが、松屋は丼物のメニューだけではなく、人気のある定食メニューをいかに手ごろな値段で提供されているという点で他との差別化に成功しています。

 やよい軒などのような本格的な定食屋さんほどのメニューではないものの、他の牛丼チェーンには無いさまざまな定食をその日の気分で味わえるのが松屋の醍醐味ではないでしょうか。


 
上記で、3つの大手牛丼チェーンについて各社の強みを軽く見てきました。強みというのは各社の利益に直結するものですが、各牛丼チェーンは値段競争に一時期走りすぎ自社の付加価値を忘れてしまっているのではないかと思うこともありました。もし牛丼チェーンの戦略立案担当者であれば、先ほど指摘したそれぞれの強みをどうすればもっと強くできるかを考えていくべきであると思います。

 これらをもっと一般化すると「 値段競争に巻き込まれない確固たる付加価値をみつける」ことが戦略を練るときには必要なのではないかという結論が導き出せます。勝てる戦略を練るためには、このことを念頭に置いておく必要があるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する