1. 面接で自己PRをする時に心がけておくべきマナー

面接で自己PRをする時に心がけておくべきマナー

 面接は、自分自身を企業に売り込む場です。面接官は自分が面接で話すことはもちろん、身なり・振る舞い・その人醸し出す雰囲気も全て採用すべきか否かの判断材料に使います。特に自分のセールスポイントを伝える自己PRは、面接の中でも特に重要な意味を持ちます。このように重要な自己PRの場面で、気をつけておきたいマナーとは何でしょうか。 
 
 そもそもマナーとは、相手に対する心配りです。面接官は、業務多忙の中わざわざ時間を割いて面接をします。その面接に、生半可な気持ちで何の準備もせずに臨むことは、マナー違反ではないでしょうか。面接の自己PRを通じて、面接官が知りたいことは「その人が会社に貢献できる人材であるかどうか」という点です。そのためには、次にご紹介する「企業分析」「企業が求める人材像」を事前にしっかり研究して、面接官が知りたいことを真摯な態度で伝えましょう。それが、相手の企業に対する敬意でもあります。

企業分析を徹底的に行う

 「自分が会社に貢献できる人材であること」を面接官に伝えるために、あなた自身の経験・スキル・強みを把握することに加えて、応募する企業の分析を徹底的に行いましょう。 

 企業研究の内容例としては、「その企業がどういった業界に属しているか」「業界何位であるか」「業界内でどういった特色を持っているか」「今後目指している方向性はどういったものか」ということがあります。

企業の求める人材像を知る 

 社会人の中途採用は、まず企業に求人のポジションがありそこにふさわしい人材を採用するという方法を取ります。したがって、面接の自己PRではただ漠然と自分が有能なビジネスパーソンであるということを示すのではなく、自分が企業の求める人材と合致していることをアピールする必要があります。 

 そこで、企業が求める人材像を徹底的に調べましょう。例えば、「会社が今回募集に至った経緯は何か」「このポジションに求められる役割は何か」といったものです。

 以上の内容を、誠意のある落ち着いた態度で面接官が聞きとりやすいようにハキハキと話すことが、時間を割いてくれている相手企業に対するマナーです。ぜひ意識するようにして下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する