1. 名刺交換をミスなくこなすポイントは「顔と名前を一致させる」コト

名刺交換をミスなくこなすポイントは「顔と名前を一致させる」コト

by kvanhorn
 ビジネスシーンにおいて、名刺交換はすべての始まりであり、第一印象を良くも悪くも相手方に与える場になります。名刺交換の際に名刺を切らしてしまっていたり、挨拶をする順番を間違えるなどのミスによりスムーズに名刺交換を出来ない場合は相手に与える印象も当然下がってしまいます。また最大のミスは名刺をもらったにも関わらず顔と名前が一致せず間違えてしまう事です。

 ここでは名刺交換をする場所のケースごとの注意点を紹介しますので、みなさんも名刺交換をする際にきちんと出来ているかどうか確認をしてみて下さい。

名刺交換を室内で行う場合の注意点

 まず、双方向で名刺交換を交わし、着席する場合ですが、相手の人数が多ければ多いほど注意しなくてはいけないのが、顔と名前を一致させることです。そしてここで大切なのは、すぐに名刺ケースに収納するのではなく、相手の着席順に自分の机前に、いただいた名刺を順番に並べておくことです。あとで思い出すのは時間が経過してしまい、記憶も薄れてしまうので、その場で覚えるように務めることです。

 会話だけでは、印象が薄く覚えられないような時には、その人の特徴なりを密かにメモしておくことで、あとで名刺整理する際に役立ちます。また、名前を思い出すでがかりにもなりますから、心がけておきたいものです。また、相手方が名刺を切らしている場合には、こちらの方で役職や人物特徴などを別にメモしておく必要があります。後になると聞きづらいことでも、その時にお聞きしておけば、なにかと便利ですし失礼にもなりません。

名刺交換を屋外で行う場合の注意点

 このようなケースでは、相手の顔と名前を把握するために、名刺ケースに順番に収納していくことで、後で名刺整理したり、連絡する際に思い出すことができます。もし、屋外であっても、筆記ができる状況であれば名刺の裏にでもその人の特徴などを書き記しておくのも良いと思います。ただしあからさまに相手の前でメモをしたり、メモをとる事に集中してしまう事は大変失礼に値しますので注意して下さい。

 また、屋外での挨拶における状況はさまざまですが、名刺交換でのミスとして、謝って地面に落としてしまうことが想定されます。特に屋外では名刺交換の環境条件にも左右されますので、屋内で挨拶する時以上に、慎重かつ丁寧に対応することが重要となります。

 ましてや、風で飛ぶようなハプニングがないともいえません。名刺交換による印象は、時間を経過してもその記憶は残っていくものです。ビジネスチャンスになりますので、失敗は許されません。イメージによる効果は、ビジネスにも影響しますので、大事に考えるべき問題です。

 ビジネスマナーはビジネス上の第一印象として大切な事です。ここで紹介したとおり様々な状況を想定して、出来るビジネスマンの印象を勝ち取って下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する