1. 社会人にオススメの「後悔しない」留学先の選び方

社会人にオススメの「後悔しない」留学先の選び方

by yuko_okuy
 今の時代は、学生ビザからワーキングホリデービザまで、様々な方法での海外留学が可能です。短期留学等も一般的なので、学生だけでなく、社会人にも容易に留学ができるようになりました。社会人として留学を決めるのは勇気が要りますが、それが後々に自分のキャリアに大きく繋がるのであれば、ぜひとも機会のあるうちに体験するべきです。

 しかし、せっかく社会人が仕事を退社もしくは休暇をとってまで留学するのですから、後悔のない留学をすることが一番でしょう。留学をしようと決めたら、まずは留学先をどこにするか考えますよね。留学先選びは、自分の留学経験を左右するくらい重要になってきます。ここでは、後悔しないための留学先の選び方を紹介します。

<自分の留学の目的に合わせて決める>

 例えば、デザインやファッション系で留学したいのであればニューヨークやロンドン、というように、自分の専門分野に沿って留学先を選ぶ方法です。もし、すでに自分が社会人としてやりたい事・学びたいことを明確に知っているのであれば、その分野が発達している土地を選ぶことが、後悔しない結果を招くでしょう。

<費用で選ぶ>

 とにかく英語を学びたい、などの特に狭まった分野が目的ではない場合、渡航先のチョイスは広がってきます。その際に重要視するべきの一つは、費用です。社会人といえど、留学の際はワーキングホリデーなどでない限り無収入になる可能性があります。留学は、ときに高額な費用がかかります。渡航先でも、学費や滞在費だけでなく、急に滞在先の移動を迫られたり、医療費が必要になったりなどが起こり得ます。なので、自分の留学費用でギリギリまかなえる範囲の物価の場所を選ぶのではなく、少し余裕を持てる場所に留学するのも一つの後悔しない選び方です。

<都会か田舎かで決める>

 自分の生活スタイルに合わせても留学先を選ぶことができます。郷に入ったら郷に従わなくてはならない部分も沢山ありますが、例えば、バスや電車の生活が良い、というのであれば都市へ、車での移動を希望したいのであれば田舎の方へ、と選ぶことも可能です。日本で車移動のみの生活をしていた人が留学をしてバス生活を強いられ、非常に苦になってしまったという話もありますので、自分の生活スタイルをどのようにしたいのかも考えて、それも渡航先を選ぶヒントにすると良いでしょう。


 このように、留学をする際の留学先選びは、自分の中で何に重きを置くかによって決めることができます。それは目的なのか、費用なのか、それとも生活スタイルなのか。どのように決めようと、留学先ではしっかり目的を持って、後悔のない留学生活を過ごしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する