1. 迷ったら留学に行こう!社会人になってからの英語のオススメ勉強法

迷ったら留学に行こう!社会人になってからの英語のオススメ勉強法

by Glenn Waters ぐれんin Japan.
 海外に興味があるし、ゆくゆくはキャリアアップも目指したいから英語は話せるようになりたい!というのはビジネスマンなら誰しも1度は考えることなのではないでしょうか。しかし、いつかいつか...と思いながら勉強時間をとる事は難しいものです。

 本当に英語を話せるようになりたいと思うのであれば、やはり英語圏に留学に行くというのもひとつの手段です。ここでは留学を考える人の為に、留学先で英語を取得するための勉強法を紹介します。

現地の語学学校に通う

 留学生を受け入れているほとんどの国には語学学校があります。日本人だけが通う為の語学学校がある場合もありますし、日本以外の英語が公用語でない国の人が一緒に通う学校もあります。費用はピンキリですが基礎からきちんと英語を教えてくれますし、同じクラスの人と交流をすることも出来ますので初めての留学ではまず語学学校に通ってみる勉強法がオススメでしょう。日本から語学学校を斡旋してくれる場合もあります。

現地の友達を作る

 留学経験者に「一番早く英語を取得する方法」を聞くと、必ずと言って良い程返ってくる答えが【英語圏出身の恋人をつくること】です。現地の友達を作るのもこれと同じ原理で、とにかくコミュニケーションをとる事が大切なのです。現地の友達と遊びに出かけたりすると必ず意思表示を英語でしなければならなくなりますし、仲良くなればなる程会話を楽しみたいという気持ちが湧いてくるでしょう。

経験業種のスキルを活かしてインターンをする

 せっかく社会人になってから留学をするのですから、日本でのスキルをいかしてインターンをしてみるのも良いでしょう。自分のスキルなんて海外で通用するようなものではない、と思うことがあるかもしれませんがそんな心配は無用です。海外でのインターンで大切な事は意思をきちんと表示するという事と今自分は何が出来て、更に何を学びたいと思っているかという事をきちんと伝える事です。近年では、海外に外国人のインターンを受け入れる海外の企業も年々増加しています。

 何よりも、実際に海外での仕事経験を得られればキャリアアップにもなりますし、ビジネス英語もきちんと使えるようになるメリットがあります。


 海外へ留学へいくとなると人生の一大事と深く考えてしまうかもしれませんが、最近では会社からの留学支援制度なども見受けられるように留学は意外と身近になっています。英語を確実に身につけたいのであれば留学をして上記の勉強を試してみるのもいかがですか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する