1. 初めてTOEFLを受ける人におすすめしたい3冊の参考書

初めてTOEFLを受ける人におすすめしたい3冊の参考書

by Emi ♫
 英語圏の大学、特に北米の大学等に留学を考えている人は、英語力を判定するTOEFLの受験はほぼ必須ですよね。初めてTOEFLを受験される人は、何から手を付けていいのか分からない方もいるかもしれません。そんなTOEFL初心者のために、初めてTOEFLを受ける時におすすめの参考書を3冊紹介したいと思います。

1. 【CD付】はじめてのTOEFLテスト完全対策 改訂版

 この本には、TOEFLとはどんな試験なのか、その内容はどんなものなのか、受験日はいつか、受験料はいくらなど、TOEFLを受ける際しての基本的な概要が書いてあります。もちろん、TOEFLの攻略法や模擬試験なども掲載されています。TOEFLは、コンピューターを使って試験をします。それに慣れるための、Web試験の特典も付いている参考書です。

2. ETS公認ガイドTOEFL iBT® (第4版)

 TOEFLは、問題文も全て英語です。これは初心者のために、日本語訳が付いています。問題文だけでなく、コンピューターの操作の部分にも日本語訳が付いているので、TOEFLを初めて受ける方で操作が分からない方にも安心です。参考書といっても、これはCD-ROM版です。TOEFLはコンピューターで試験を受けるので、勉強するときからコンピューターを使って問題を解いた方が効率的です。

3. TOEFL TEST対策iBTスピーキング

 TOEFLは、TOEICと違ってスピーキングの試験があります。日本人は、スピーキングを苦手としている人が多いので、早めに対策をした方がいいでしょう。そのためにこの参考書は、スピーキング対策に特化した本で、とても問題量が多くおすすめです。問題の説明・解説もしっかりとなされている本なので、初めてTOEFLを受けようと考えている方にぴったりの参考書と言えるでしょう。


 TOEFLは、TOEICと違ってコンピューターを導入した試験で、また試験時間も非常に長いです。初めての人は、試験の形式に慣れるのも大変だと思います。上記にあげた3冊の参考書は、初めてTOEFLを受けようと思っている人にとって、勉強の手助けになるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する