1. 初めてTOEFLを受験することになったときの対策方法

初めてTOEFLを受験することになったときの対策方法

by Kaplan International English
 留学をするときに用いることもあり、TOEFLを受験することがある方も多いのではないでしょうか。TOEFLは、TOEICと比べても、難易度が高いと言われています。ここでは、TOEFLを初めて受ける人がやっておくべき対策を紹介したいと思います。

問題の構成を把握しておく

 TOEFLの流れと各パートの構成を把握していることは、初めてTOEFLを受ける際でも基本の対策になります。TOEFLの試験は、リーディング、リスニング、そして休憩を挟んでスピーキングとライティングという順になります。それぞれのパートで、どのようなタイプの問題がどういった順序で出題されるか決まっているので、模試問題を最低でも一冊用意して、必ずそれを通して勉強しながら試験の流れを覚えましょう。これだけで本番の緊張度が下がります。

語彙を身につける

 ライティングや、話す力も試されるのがTOEFLの試験になります。語彙力がないと、なかなか自分の力で英語を書いたり、話したりすることは難しいのではないでしょうか。まずは、しっかりと語彙力を付けて、話す力、書く力の基礎を身につけるようにしましょう。

タイピングでのライティングに慣れておく

 TOEFLのライティングは、パソコンに打ち込む形で行われます。対策として、パソコンでライティングをする力を身につけておく必要もあると言えるでしょう。タイピングの速度を早くすることはもちろんですが、しっかりと、英語の文章を構成出来るようにしておきましょう。


 TOEFLの試験の難易度は高いですが、しっかりと対策をすることで、点数は着実に伸びてきます。初心者は、まずここで紹介したことから始めてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する