1. 企業のマネージャー職の人に必要な3つの能力

企業のマネージャー職の人に必要な3つの能力

by jnyemb
 企業のマネージャー職にある人は、常に先だって人を引っ張っていくことができる器量の持ち主であることが重要です。自己受容、問題、課題解決でき、時に相手を許容することができなければ、信頼されて仕事をすることは難しいでしょう。

 企業のマネージャー職の人は常に人に関わっていると考えられます。仕事において、人と良い関係を作り、それを保ち続けることで、仕事の生産性を高めることができる人が優れたマネージャーといえるでしょう。ここでは、下記に企業のマネージャー職の人に必要な能力をいくつか取り上げていきます。

1. 公平であり、ポジティブである

 マネージャーとして必要な能力は、固定観念がなく、常に客観的な事実を見て、判断できることだと考えます。そして思考が常にポジティブであることが重要です。ポジティブに客観的な事実を見て、判断できる人は、確実に人からの信頼を得ることが可能です。人をまとめ、引っ張っていく立場のマネージャー職の人には必要な能力だと考えます。

2. コミュニケーション力

 マネージャーとして、上司、部下、顧客、取引先間で必須な能力として欠かせないのがコミュニケーション力です。優れたコミュニケーション力のあるマネージャー職の人の例として、人との間に温かい関係を築くことができたり、常に自己受容、自己洞察ができていたり、冷静に問題、課題解決を行える能力が身についているなどです。

 近年において、人、物、お金などの経営資源の中で、最も重視されているのが人です。人とのコミュニケーションを上手く取れるマネージャー職の人は、誰にでも信頼され、仕事の生産性を高めることが可能だと考えます。

3. サポート力

 マネージャーとしてマネジメントを行うにあたり、人が望むところ、目指すところに行けるようにサポートすることが必要です。常に良い道しるべであるためには、的確な判断力、寛容な気持ち、柔軟性などが必要だと思います。他にも相手に自力で考えさせ、良い答えを引き出すために、あえて良い質問をすることができる能力も必要です。人を根底からサポートすることが可能であることは、マネージャー職の人に必要な能力と言えるでしょう。


 以上、企業のマネージャー職の人に必要な能力について取り上げてきましたが、どれも人からの信頼を得るために必要な能力と言えるでしょう。それは、マネージャーとして人として仕事を行う上でも、生きていく上でも重要なことだと考えます。信頼のおける優れたマネージャーであるために、必要だと考えられる能力をしっかり身につけて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する