1. 書類を整理する時に役立つ!「捨てる書類」の判別方法

書類を整理する時に役立つ!「捨てる書類」の判別方法

by nkeppol
 デスクなどに溜まった書類を処理する際に、あれこれ書類が混じってしまってどれを処理しておけばいいのか、どれを捨てればいいのかというのがわからなくて、書類の処理が遅れてしまって結局書類の処理ができないという人は多いのではないでしょうか。そこで、今回はきれいに書類を整理できるように、書類を整理する時に捨てる書類の判別方法を教えていきたいと思います。

1. 書類の重要性、使用頻度

 まず、書類を整理する時に捨てる書類の判別方法について考えられるのは、書類の重要度と使用頻度です。書類が頻繁に使用されるものであるのなら、常に自分の傍になければなりません。そのため、残しておくべき書類と言えるでしょう。

 また、書類が取引関係や重要な機密情報である場合は、基本的に捨ててはいけないため、自分が管理しやすいところにとっておいてください。まずは、書類自体の利用価値を考えた上で書類整理をし、捨てることができる書類を選別します。

2. 書類の作成年月日、書類の所在場所

 次に、書類を整理する時に、捨てる書類の判別方法としては、書類の作成日や保管場所がどこにあるのかというものが挙げられます。作成日時の古いものでしたら、基本的にこれから必要な情報になる可能性は少ないでしょう。ですから、古い書類についてはため込む前に早めに処理しておくべきです。

 また、書類が普段自分の目につかないところにある書類であれば、それは使用頻度や見る機会が少ないものですので、会計帳簿のように何年かとっていないといけないものでない限りは処理してしまった方が良いでしょう。


 
 以上のように、書類をなるべく簡単に処理できるような基準を作成してしまえば、書類を捨てるのが簡単になるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する