1. 飲み会の幹事をやるように依頼された時の断り方のコツ

飲み会の幹事をやるように依頼された時の断り方のコツ

by kadorin
 飲み会の幹事を依頼されても、仕事の都合や、忙しさ、煩雑さから断りたいと思う人も少なくないのではないでしょうか。コミュニケーション的に円滑に進めるためにも、なるべく角が立たない断り方をしたいところです。ここでは、飲み会の幹事を依頼された時の断り方を紹介したいと思います。

理由をはっきりと明示して断る

 仕事の都合がつかないというのが多くの場合、断る理由になると思います。その場合は、どうしても仕事の折り合いが付かないということを明示しましょう。理由を曖昧にして断ると、トラブルの元になることもあります。しっかりと、理由を示すことで、断る意志を明確にしましょう。

代案を出す

 単に突っぱねるだけですと、依頼してきた相手も困ると思います。この人なら引き受けてくれそうだと思う人をこちらがわから提案する形を取るといいのではないでしょうか。そうすることで、断ったときでも、相手は次に当たる人を見つけることができるでしょう。

別の役職に徹することを宣言する

 飲み会の役職は、幹事だけではありません。盛り上げ役や、スピーチをする人など多くの人が何かしらの役割を果たしています。たとえば、今回は、盛り上げ役に徹するというように、宣言してしまうことで、相手も納得して受け入れてくれるでしょう。


 ここでは、飲み会の幹事を依頼された時の断り方のコツを紹介しました。幹事を断るときは、ただ断るだけでなく、なにか自分でもできることは無いか探してあげるといいのではないでしょうか。今後のコミュニケーションのためにもここで紹介したことを参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する