1. 社会人が「留学」を成功させるために必要な3つのコト

社会人が「留学」を成功させるために必要な3つのコト

by Kieran Lynam
 自らのキャリア形成の手段として、社会人留学をする人が増えています。グローバル化がますます進む中、語学力と国際感覚を身に着けられる留学は、キャリアプランを計画する上で重要な意味を持つでしょう。留学で多くの経験や知識を学べばより良い条件の仕事に転職できますし、ビジネスの最前線でバリバリ働くこともできるようになります。

 しかし、社会人として留学を成功させるためには、ただ単に外国に行けばいいというものではありません。なんとなく留学してなんとなく学ぶだけでは、成功した留学とは呼べません。留学を成功させるためには様々なことが必要になります。今回は、社会人として留学を成功させるために必要なことを紹介していきます。

1. 具体的な目標

 留学を成功させるために考えておかなくてはいけないのが、留学で達成すべき目標です。留学が自分を成長させるためのものである以上、達成すべき目標が無くては意味がありません。留学先でどんなことを学びどのレベルを目指すのか、はっきりとした目標を立てることで留学のモチベーションアップにも繋がっていくことでしょう。

 留学の第一目標となるのは語学の習得ですが、語学と一言で言ってもレベルは大きく異なります。TOEICで高得点を取りたいのか、ビジネスの現場で通用する実践的な英語を学びたいのか、研究論文を英語で書けるようになりたいのか、目的が異なれば学ぶべき語学レベルも変わります。どのような目標を目指すのかによって、留学の内容も変わってくるため、具体的な目標を設定することが留学を成功させるために必要です。

2. 堅実な計画

 留学には多額の費用と時間がかかります。期間が長ければ留学が成功する確率が上がるというものではありません。短期留学でも充実した成果を上げることは可能ですし、長期留学をしても何も吸収できずに帰国する人もいるのです。

 留学を成功させるには、費用や期間といったことを含めて堅実な計画を立てなければいけません。現地で通う学校選びひとつで学習の質は大きく変わります。事前にしっかりと情報を調べ、充実した留学生活が送れるような計画を立てるべきでしょう。

3. 周囲の理解

 学生時代の留学とは違い、社会人が留学するとなると周囲に様々な影響を与えます。会社に留学制度があれば同僚や上司の理解が必要になりますし、家族にも多大な影響を与えるでしょう。自分の気持ちばかり優先して留学をしても、周囲の理解や協力が無ければ留学の成功は望めません。

 業務の引き継ぎや交代で同僚や上司には、少なからず迷惑をかけることになりますし、仕事をいったん止めて留学するのであれば、金銭的な協力を家族にお願いしなければならない可能性もあります。

 留学は一人ではできません。周囲の理解と協力があって初めて成功するものですので、理解が得られないからといって、自分勝手な行動で留学へと突っ走るようなことは控え、周囲の理解と協力が得られるように努力していきましょう。


 社会人の留学には色々なしがらみや問題が発生することが多く、それを丹念に一つ一つ解決しなければ留学は成功しません。多額の費用と時間をかけて留学するのですから、事前の準備をしっかりして留学の成功を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する