1. 封筒で書類を郵送する時に「行」を書くときのマナー

封筒で書類を郵送する時に「行」を書くときのマナー

by thepatrick
 封筒で書類を郵送する場合、返信用の封筒を同封して送ります。また、相手側からの封筒に返信用の封筒が入っているという事もあるでしょう。そういった場合、相手から送られてきた返信用封筒の宛名に「○○行」と書かれていたり、または返信用封筒を同封する時は宛名に「○○行」と前もって書いた返信用封筒を送ったりします。今回は、この「行」と書くときのマナーについて説明していきましょう。

「行」は書くのか

 相手先へ返信用封筒を同封して、書類を送る場合、返信用封筒の宛名の後には何と書きますか?一般的には、「○○行」と書くのではないでしょうか。最近では、返信用封筒を送った先の相手に、「行」を二重線で消して、「様」や「御中」を書いてもらうという手間を省くために、自分もしくは自社の名前の下には、何も書かず空白にしておくという事もあるようです。

 会社によっては、必ず「行」を書くようにマナーを指導される場合もあるので、先輩などに確認してから、「行」を書くか書かないかを判断するようにしましょう。

「行」の書き方

 返信用封筒に「行」と書く場合のマナーは、宛名と同じ大きさの文字ではなく少し小さめに書いて下さい。書く位置も縦書きの場合、宛名の行より少し左寄りに「行」を書きましょう。これは、相手先の方が「様」や「御中」と書き直す際に、書き改めやすくするためです。ちょっとの気遣いですが、「すると」「しない」のでは、大きな違いなので、「行」と書く時は、文字の大きさと、書く位置に気を付けて記入して下さい。

相手先からの返信用封筒の場合

 相手先から返信用封筒が同封されていた際、たいてい宛名の下に「行」と書かれているでしょう。この「行」と書かれたまま、相手先へ返信するのは失礼にあたります。必ず、二重線で消して個人宛なら「様」、会社宛なら「御中」と書きましょう。

 「行」と書かれていない場合は、宛名の下に「様」か「御中」を書き足して下さい。このマナーは、返信用封筒の場合だけでなく、往復はがきの場合も同じ事です。


 封筒で書類を郵送する時に「行」をどうするかというマナーについて説明してきました。返信用封筒を同封する際、宛名の下に「行」と書く場合は、文字の大きさと位置に気を付けて、先方が書き直しやすいように工夫して送付する事が大切。ここで紹介したことは、簡単に出来るマナーですので、返信用封筒を用意される機会の多い人は、実践してみると良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する