1. 社会人が「語学留学」に対して感じる不安の解決方法

社会人が「語学留学」に対して感じる不安の解決方法

by Fr Antunes
 留学は人間的に成長する大きなチャンスですが、慣れない環境に飛び込んで生活することには大きなストレスがつきまといます。留学に対していろいろと不安を抱くのは当然です。異国での暮らしにはわからないことも多いですし、日本では当然のことが通用しないことも珍しくありません。しかし、そういった不安を乗り越えて留学を成功させることが、人間的な成長へと繋がっていくのです。

 留学に不安を抱いた場合、どのように対処すればいいのでしょうか。今回は社会人として留学する際の不安を解決する方法を紹介します。

1. 詳しく調べる

 不安とは、未知のことや正体のわからないことに抱く感情のこと。留学について不安を感じたら、そのことに対して徹底的に調べ上げ、納得のいく回答や解決策を探し出しましょう。語学学習に対する不安はもちろん、生活面や治安、文化など、事前に調べておくことで不安の解消につながる項目は無数にあるでしょう。

 また、インターネットを使えば集められる情報は多岐にわたります。実際に現地で生活している人のブログなどを参考にして現地の様子を調べ、不安の解消に努めてください。

 詳しく調べると同時にやっておきたいのが事前の準備。現地でのトラブルは大きな不安の種ですが、事前に準備をしっかりしておけば不安の種を取り除くことができるでしょう。病気やケガに備えて保険に加入しておけば健康面に関する不安は和らぎますし、クレジットカードを作成しておけば、支払いや決済に関する不安は解消できます。何に不安を感じているのかを自覚し、詳しく調べて準備することが、不安を解決する方法です。

2. 経験者に話を聞く

 実際に留学を経験した人から話を聞くことは、留学に対する不安の解消に大きく役立ちます。詳しく調べてもわからないような細かいことや、実際に現地に留学した人しか知らない情報を聞けば、未知の状況に対する不安を解消するだけでなく、有意義な留学準備にも役立つでしょう。

 留学の際に代理店やコーディネート会社を利用する場合、留学予定者の不安解消のためにセミナーや説明会が開催されることもあります。実際の留学経験者から話を聞く絶好のチャンスなので、ぜひ出席してわからない事や不安な点をどんどん質問しましょう。オススメの店や現地で生活する時のコツなどを聞けば、留学生活がより一層楽しいものになるはずです。

3. 未来を想像する

 留学で学んだ成果を生かしてどのような未来を切り開いていくのか、その姿を想像することで留学の意義を再認識し、留学に対するモチベーションが高まります。なぜ留学するのかということを明確に意識しておけば、漠然とした不安が心に入り込むことはありません。不安を抱くときというのは、心が弱っているときや未来が不確実なときです。

 留学で何を学び、どう生かすのか、留学によって得られるメリットはなんなのか、留学すると自分はどのように変わるのか、そういった未来のあるべき姿を強くイメージすれば、不安は必ず解消できるはず。

 社会人の留学では、ステップアップ後の姿をイメージするのも大切です。年収はどのくらい上がりどのような仕事をしていくのか、留学でしっかりと学べば必ずステップアップに繋がります。留学を有意義なものにするためにも、留学が未来に及ぼす良いイメージを想像してください。


 社会人の留学に不安はつきもの。キャリアをいったん途切れさせることになりますし、雇用に対するリスクも覚悟しなくてはいけません。それらの不安を解消するためには、留学が意義あるものだと再確認し、しっかりと準備するのが一番の方法。不安は誰にでもつきものです。不安に負けず、充実した留学を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する