1. 会議の内容を記録するために作成する「議事録」の果たす役割

会議の内容を記録するために作成する「議事録」の果たす役割

by Dwonderwall
 ビジネスシーンでは、会議の内容を議事録にしてまとめておく場合があります。議事録をしっかりと取るのは、議事録に役割があるからです。ここでは、議事録の果たす役割を紹介したいと思います。

決定事項の証拠として

 口頭で決定事項を決める会議では、会議で決まった内容に対して証拠が無いと、その後のトラブルに繋がる場合があります。しっかりと、議事録を取ることで、発言の所在を明確にし、決定事項をもう一度書面で確認することができるようになります。議事録を確認してもらうシーンがあると思いますが、それは決定事項を再確認して、合意したと示すためでもあります。

不参加者に対して情報を提供するため

 会議によっては、参加できない人が出てくる場合があると思います。会議の内容を把握しておかないと困る人物が参加できない場合、議事録によってどのようなことが話し合われ、決定したのはどのようなことなのか確認することができるようになるのです。


 ここでは、会議の記録を取る議事録の果たす役割を紹介しました。議事録は決定事項の再確認や不参加者が情報を確認するためにあります。しっかりと記録し、役割を果たす議事録を作成するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する