1. 上司からメールで「ミス」を指摘された際の返信で注意すべきこと

上司からメールで「ミス」を指摘された際の返信で注意すべきこと

上司からメールで「ミス」を指摘された際の返信で注意すべきこと 1番目の画像

 上司から仕事のミスについてメールで指摘された際には、ついパニックになってしまい、返信がうやむやになってしまいがち。

 今回は上司にメールでミスを指摘された際の返信方法について解説したい。

 指摘メールを冷静に対処し、慌てずにメールを返信する術を身に着けよう。

上司の指摘/お叱りメールに返信する際の注意点

本記事のまとめ

  • 上司の指摘やお叱りメールの返信は、素直にミスを認め、謝ろう。
  • 謝るだけでなく、自分の気持ちを含めた文章作成に心がけよう。
上司からメールで「ミス」を指摘された際の返信で注意すべきこと 2番目の画像

 返信する際、まず指摘されたことについて、素直にこちらから謝ろう。

 反発してしまえば、上司の怒りを余計に買ってしまうだけだ。

 長く付き合っていく間柄になる上司に対して、素直にミスを認め、謝るのがベストなのだ。

上司の親切心でミスを指摘している可能性もある

 部下にとっては叱られているように感じる上司からのメールも、実は上司が自分の事を気遣って、親切心でミスについて教えてくれている可能性もある。

 こちらが気づいていない事を指摘してくれる上司であれば、成長を望んでいるからこその指摘とも考えられるのだ。

上司からの指摘メールには丁寧にお礼の言葉を述べよう

 感情的にならずに、こちらからお礼の言葉を述べることも大切。

 また、自分のミスが重大なものであれば、メールで返信した後に、直接会って再びお詫びの言葉を述べると丁寧な印象になるはずだ。

上司からのミスの指摘メールの注意点

  • 上司が親切心でミスを指摘している可能性があることを考える
  • 指摘メールには丁寧にお礼の言葉を述べる

上司からの指摘/お叱りメールの返信に使える表現

上司からメールで「ミス」を指摘された際の返信で注意すべきこと 3番目の画像

 上司からミスの指摘やお叱りのメールをもらったら、丁寧に謝ることがわかっただろう。

 謝る際には、「ご指摘ありがとうございます」「ご指摘いただきありがとうございます」という表現が有効だ。

 以下にそれぞれの表現を用いた例文を紹介する。ぜひチェックしてみてほしい。

【上司からの指摘/お叱りメールへの返信の例】「ご指摘ありがとうございます」「ご指摘いただきありがとうございます」

【例文】指摘/お叱りの言葉に対する上司へのメールの返信

  • ○○の件についてのご指摘ありがとうございます。
  • 数々の有意義なご指摘ありがとうございます。
  • ご指摘ありがとうございます。今後、同じミスのないよう注意します。
  • ご指摘いただきありがとうございます。送付書類の不備に関して、大変ご迷惑をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。
  • ご指摘いただきありがとうございます。今後はこのような不手際を起こさないよう、真摯に仕事に取り組んで参ります。
  • 不備のご指摘いただきありがとうございます。ご指摘の件につき以下の通りに訂正致したく存じます。
  • ご指摘いただきありがとうございます。先日送付した資料を修正しましたので、ご査収のほどよろしくお願いします。

上司からの指摘/お叱りメール、どう返信する?

上司からメールで「ミス」を指摘された際の返信で注意すべきこと 4番目の画像

 返信メールを送る際は以下の文面を参考にしながら、お詫びの気持ちを示そう。

上司からの指摘/お叱りの言葉に対するお礼メールの書き方

【例文】指摘/お叱りの言葉に対する上司へのお礼メール

  • この度は、私の落ち度についてのご指摘ありがとうございます。
    ご指摘の通り、〜〜に誤りがございました。

    今後はこのような事がないように、
    気を引き締めて職務に取り組んでいきたいと思っています。

    引き続きご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。

 文面は、素直な自分の気持ちを相手に伝える事が大切だ。

 返信メールを送ることも大切だが、せっかくの指摘事項をメールだけで片付けてしまうのは勿体ない。

 実際に行動に繋げることができて、初めてステップアップしていけるので、自分のダメな部分や失敗したところを認め、次の業務に活かそう。

 何度も同じ間違いをしないためには、メールの文面通り、仕事に何かしらの工夫をする必要がある。


 上司からメールでミスを指摘された際の返信で注意すべきことを文面を紹介してきた。

 上司は、成長を望んでいる部下に対してミスを指摘したり、注意したりするものだ。

 「なんで怒られてるんだろう?」と思うのではなく、犯してしまったミスは次の仕事で挽回しよう、と思うくらいの気持ちで、上司からの指摘メールを素直に受け入れよう。


「社風が合わない」「上司と上手くいかない」と思ったら、「type転職エージェント」で転職を考えよう

上司からメールで「ミス」を指摘された際の返信で注意すべきこと 5番目の画像

 上司からの指摘やお叱りは、社会人になれば一度や二度は誰でもあるものだが、指摘に関して納得がいかないものや自分の考えにそぐわないと感じたことはないだろうか。

 「社風が合わない」「上司とソリが合わない」といった悩みを持ち始めたら、転職を考えてみることをおすすめする。

 「type転職エージェント」は1分の簡単登録で、無料カウンセリングから転職サポートまで全て受けることができる。

 大手有名企業から急上昇中のベンチャー企業まで幅広く取り扱っているので、自分のやりがいや適性に合った企業が見つかる可能性が高い。

 少しでも、転職の文字が頭をよぎったら、ぜひ会員登録をしてみよう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する