1. 【社会人としてのマナー】新入社員が挨拶をするタイミング

【社会人としてのマナー】新入社員が挨拶をするタイミング

by williamcho
 社会人としての基本的なマナーとして、挨拶をすることは必要不可欠のものになります。特に新入社員は、確実に身につけておきたいことの1つと言えるでしょう。ここでは、新入社員が挨拶をするタイミングについて紹介したいと思います。

挨拶は説明や業務が始まる前に済ましておく

 挨拶は全ての動作の始まりとも言われています。まず挨拶をすることがビジネスにおいては必要です。初対面の人に会ったら話し込む前にまず挨拶と自己紹介を行うようにするといいでしょう。

挨拶の基本は「先に」

 挨拶をするタイミングですが、いつ何時でも相手より先にするのが一般的なマナーです。とくに新入社員の場合、自分から率先して挨拶をすることで、最初の印象を良くすることができ、しっかりとマナーができているというイメージを相手に持ってもらうことが出来るでしょう。

相手に先に挨拶をされてしまった場合

 タイミングを逃し、相手に先に挨拶をされてしまう場合もあるでしょう。そのような場合は、「挨拶が遅れまして申し訳ありません」という一言とともに、しっかりと挨拶をすることで、印象を下げることを防ぎましょう。


 ここでは、新入社員が挨拶をするタイミングを紹介しました。挨拶は全ての始まりであり、先に行うことが基本です。新入社員の皆様は、意識して取り組みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する