1. 転職希望者が面接で自分の前職の不満を言ってはいけない3つの理由

転職希望者が面接で自分の前職の不満を言ってはいけない3つの理由

by spinster cardigan
 転職希望者は面接で自分の前職の不満を言ってはいけないとされていますが、その理由はどういうものなのでしょうか。ここでは、転職希望者が面接で前職の不満を言ってはいけない理由について考えてみたいと思います。

1. 仕事に対してのモチベーションが低いとみなされる

 不満によっては簡単に解決できたり、自分で動かないことが原因の場合もあります。そのような原因を考えずに不満を述べてしまうと、仕事に対してのモチベーションがもともと低いのではないかと思われてしまうことがあるでしょう。

2. マイナスなイメージの発言は印象を悪くする

 会ってすぐの人でも、愚痴やマイナスな発言をしている人の印象はあまり良くありません。特に、面接では印象も十分評価の対象になりますので、印象を下げないためにも、前職の不満を述べることは避けたほうがいいのではないでしょうか。

3. 同じ不満を転職先でも抱えてしまう懸念を持たれる

 人間関係などのトラブルは特に当てはまると思いますが、前職での不満をまた、転職先でも抱えてしまうのではないかという、懸念を持たれてしまうというのも理由の1つでしょう。転職先の企業へのアピールとしてはマイナスなイメージを持たれる原因にもなりうることがあると言えます。


 ここでは、転職希望者が前職の不満を面接で言ってはいけない理由を紹介しました。デメリットがかなり多いということがわかったかと思います。面接に臨む際は、気を付けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する