1. 【3つのケース別】転職を成功させるために必要な準備期間

【3つのケース別】転職を成功させるために必要な準備期間

by VinothChandar
 転職を成功させるコツは、しっかりと準備期間を用意すること。準備を考えずにいきなり転職活動を始めてしまうと、必要な情報も自己アピールも用意できずに面接に落ち続けることになってしまいます。

 転職は人生を大きく変えることになる転機ですから、失敗しないようしっかりと準備しておきましょう。今回は、転職を成功させるために必要な準備期間について、勤務と並行して転職活動するケースを想定して解説します。

自己診断のための準備期間

 転職活動の最初の段階でやるべきことが自己診断。自分がなぜ転職を希望したのか、転職先に何を求めるのか、転職で何を得たいのか、それを自分自身に問いかけて明らかにしておかなければ、転職の成功は望めません。

 転職のための自己診断には長い期間は必要ありません。早ければ一日で終わる人もいますが、転職診断や職業適性検査などを行うのであれば土日を含めて二週間程度は見ておくと余裕を持ったスケジュールがたてられます。

 自分が転職に何を望み、どのような条件の職場に転職したいのか、という所まで明確に準備しておく必要があるので、具体的な年収や勤務時間、仕事の内容や待遇を条件としてリストアップしておいてください。

研究・分析のための準備期間

 転職活動で重要なポイントになるのが業界研究・職業分析。長年勤めていた業種と同じ業種の仕事に転職する場合でも、業界研究・職業分析は必ず行ってください。勤務事情と転職事情は大きく異なりますし、現在の状況だけでなく未来の変化までを考えて業界研究・職業分析を行うことが、転職活動を成功させるカギになります。

 業界研究・職業分析にかけるべき時間は絞り込みの程度によっても異なりますが、最低でも一ヶ月はかけたいところです。形だけの研究・分析では意味がありませんから、詳しく調べるためにはある程度の時間が必要になります。

 業界研究・職業分析を行うことで、より良い転職先を探すことが可能になるため、面倒に感じても手を抜かずしっかりと時間をかけて準備しておきましょう。

求人情報収集のための準備期間

 より良い転職先を探すには、なるべく多くの求人情報に目を通す必要があります。たくさんの求人情報に目を通すことで、待遇の相場や平均的な労働条件を学習することができますし、怪しげな求人情報を見抜く目も養われます。求人情報同士を比較することで見えてくる情報もありますから、なるべくさまざまな媒体から求人情報を集めてください。

 求人情報収集のために長い時間をかけてしまうと、募集がどんどん締め切られていってしまいます。初期に集めた情報を生かすには、なるべく短い期間で終えたいところですが、色々な求人情報を集めるためには、1週間から10日程度は準備期間が必要になります。

 求人情報収集は出会いとタイミングが大切なので、いきなり良い条件の求人に巡り合うこともあれば、どれだけ探しても悪い条件の求人しか見つからないこともあります。根気のいる作業ではありますが、あきらめずにしっかりやっておかないと転職を成功させることはできません。


 基本的な転職準備に必要な期間は上記のとおりですが、転職の仕方によってはそれ以外にも準備期間が必要になります。資格を取得してから転職をするのであれば、資格取得までが準備期間になりますし、海外の企業へ転職を希望するのなら準備にはもっと長い時間がかかります。

 どれだけの準備が必要になるのかは、どのような転職を目指すのかによって変わります。自分がどんな転職を望むのか、転職後のイメージをはっきりと持って準備をすることが、転職の成功につながるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する