1. 【将来性のある人材になるために!】英語を使った仕事に就くために必要なスキル

【将来性のある人材になるために!】英語を使った仕事に就くために必要なスキル

by ankakay
 年々、日本もグローバル化の波に押され、将来性のある仕事をやっていくためには、英語が必須になってきました。ここ何年か、人気の大手企業が社内の公用語を英語にし、英語が全く話せなければ、解雇されたり出世するチャンスが全くない会社もでてきています。

 国際的なビジネスの世界では、日本のビジネスマンとミーティングをする時に、英語が上手ければ上手いほど、だいたい会社での地位も高いというのは、今や常識と言われています。海外で働くためには、やはり英語が一番役に立つ言語と言えるでしょう。そして、世界のどの国に行っても、ビジネスの世界は英語が主流です。そこで、将来性のある仕事をやっていくために必要なスキルとは何かを考えてみましょう。

英語で仕事ができるくらいの英語力

 将来性のある仕事というのは、どこに行ってもやっていける仕事と言えます。海外に出て働かなければならない時や外資系企業で働きたい時は、まず英語力がキーポイントとなります。ビジネスレベルの英会話力だけではなく、ビジネス文書を全て英語で読んだり書いたりすることができるようにならなければなりません。ネイティブスピーカーに近い完璧な英語力は必要ありませんが、目安として、TOEICの点数が800点以上は必要です。また、自分のする仕事は、全て英語でこなせるというくらいの英語の実力があると良いでしょう。

英語でのコミュニケーション能力

 国際的なビジネスの世界では、本当に多様な人達に出会うでしょう。ビジネスの公用語は英語ですが、TOEICの点数が高いから様々な人達ときちんとコミュニケーションができるかというと、そういうわけではありません。

 自分の仕事の幅が広くなると、色々な国の人たちと働く環境になっていくでしょう。そこで、色々な国の人達の英語の発音の違いや文化の違いを理解して、仕事をする必要があります。日本国内であれば、自分たちの一般常識が通用しますが、海外では、非常識になることが多々あります。英語を使った仕事をするためには、自分と相手の違いを理解しながら、円滑にコミュニケーションが取れて、お互いの文化を受け入れることが必要だと言えます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する