1. 英語でスピーチを行う際の「原稿」の作り方と注意点

英語でスピーチを行う際の「原稿」の作り方と注意点

by Wonderlane
 社会人になれば、ビジネスにおけるプレゼンなどを、英語で求められる事も少なくないでしょう。外国と積極的に関わりのある会社ほど、プレゼン力が必要になります。当日失敗しないためには、事前にスピーチに関する原稿を作っておくのは有効な手段です。ここでは、英語でスピーチする際の原稿の作り方について説明します。

スピーチ原稿の作り方

 英語のスピーチ原稿を作る際には、まず日本語で原稿を作成し、それを英語に直します。簡単に英語に直せたら、その原稿の制度を高めていきましょう。同じ単語を別の単語で表現できないかなどを検討し、スピーチ原稿をブラッシュアップしていくのです。スピーチ原稿の構成については以下の項目で述べていきます。

スピーチ原稿の構成

 スピーチ内容によっても異なりますが、基本的なスピーチの場合には流れがあるのです。まず挨拶から初め、続いて氏名や所属などの自己紹介を行い、続いて聴衆へ知識の確認を行い、選択の理由を話します。話の構成や展開の説明も事前に行っておくと、より丁寧にスピーチが運ぶでしょう。

 本題では、内容をいくつかのパラグラフに分けて話します。パラグラフの分け方は、テーマごとに分けると分かりやすくて良いでしょう。最後に全体の内容をまとめ、締めくくります。そして内容に対する提言を行い、質問やコメントの受付、回答等を行います。

スピーチする際の注意点

 原稿はあくまで文章として書いたもの。実際スピーチとして話す際には、できるだけ原稿は添えるようにし、見過ぎないようにしましょう。原稿をそのまま読み上げてしまえば感情が中々伝わりずらく、聴衆に共感を持ってもらう事はできません。特に英語の場合は、外国人を相手にする事が多いと思うので、単調に英語をしゃべっていれば、相手との距離を詰める事が出来ないでしょう。

 スピーチをする際には、なるべく「I」を繰り返さないように注意しましょう。時には主語を変え、機転を利かすことで単調なスピーチになる事を防げます。スピーチの前には原稿を何度も読み返し、練習する事が必要です。

 ネイティブの英語と日本人の話す英語は違うので、できるだけネイティブに近づけるために何回も繰り返し練習します。何回も繰り返しているうちに、英語にも慣れ、すらすらとスピーチの内容がイメージできるようになってくるはず。しかし万が一の事も考え、スピーチの内容は覚えるくらい練習しておく方がよいでしょう。


 以上、英語でスピーチする際の原稿の作り方と注意点を紹介してきました。本番では緊張するかもしれませんが、事前にしっかり準備していれば、その緊張は「良い緊張」になることでしょう。ここで紹介したことを意識しつつ、原稿の作成に取り組んでみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する