1. 上司が仕事の状況を把握しやすいような報告の仕方について

上司が仕事の状況を把握しやすいような報告の仕方について

by motoshi ohmori
 上司にしっかり報告することは、ビジネスマンのマナーであり、基本として大切なことでもあります。ここでは、上司が仕事の状況を把握しやすい報告の仕方を紹介したいと思います。

報告に主観は入れない

 報告に主観を入れてしまうと、それだけ事実が伝わりにくくなってしまいます。しっかりと事実を伝えることが必要になるでしょう。そのためにも、自分が思ったことなどは報告に入れないようにしましょう。また、ミスをした時も、慌てて伝えてしまうよりも、冷静に報告したほうがよいでしょう。

進捗を報告するときには具体的な数値を入れて

 進捗を報告する場合ですが、基本的には、「うまくいっている」というような抽象的な報告ではなく、しっかりと、数値を伝えて報告するようにしましょう。また、数値がない場合でも、「ここまで仕事が終わっている」という形ではっきりと伝えるとうまく伝わります。


 ここでは、上司が仕事の状況を把握しやすい報告の仕方を紹介しました。具体的かつ、主観的にならないことを意識して報告するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する