1. 会議で「アジェンダ」を策定する意味とその目的

会議で「アジェンダ」を策定する意味とその目的

by 湯小米
 会議でアジェンダを作るべきだという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし。アジェンダが何を指すのかわかっていないという人も多く、活用されているケースはあまり多くありません。ここでは、アジェンダとは何かを説明し、その目的を紹介したいと思います。

そもそもアジェンダとは何か

 アジェンダは、会議の議題や、テーマを指します。会議会議をする際の主体となるテーマであり、一番重点を置いて話をすべきことがアジェンダには含まれていなければなりません。

議題を再確認して統一感を持った話し合いをする

 アジェンダを示すことで、会議のテーマや議題をもう一度提示することができます。そうすることで、議題を全員に知らせることができ、発言も、議題に沿った内容になることが期待で来るでしょう。議題が定まっていると、会議自体も成功しやすいといえるのではないでしょうか。

時間を短縮して業務に集中する

 議題を確認することができるということは、相乗効果として、会議の時間を短縮するという効果があるでしょう。会議の時間が短縮されると、業務をすることができる時間が増え、意思決定がスムーズに進むようになるでしょう。


 ここでは、会議用いるアジェンダの意味とその目的を紹介しました。アジェンダを定めることで、様々なメリットを得ることができます。目的を意識してアジェンダを定めるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する