1. 【転職希望者必見!】面接の結果を電話で確認するときのマナー

【転職希望者必見!】面接の結果を電話で確認するときのマナー

by jmv
 転職をするのは、人それぞれの理由があります。個人の事情であったり家庭の事情であったり、はたまた会社側の都合という事もあるでしょう。いずれにしても、職に就いていない人との違いと言えば、気持ちの面と自由になる時間が少ないという面かもしれません。平日の昼間の仕事の人が、転職を希望して面接を受け、その結果をもしも電話で確認したい時、自分の空いている時間がお昼休みだとしたら、もしかしたら相手もお昼休みかもしれません。では、どうすれば相手側に迷惑をかけずに面接結果の電話確認が出来るのでしょうか。

時と方法を相手に合わせ、失礼がない様にする

 冒頭で述べたように、自分が空いている時間が相手側の休憩時間であれば、それをずらす必要があります。当然ながら中には、休憩時間であっても電話がかかってきた時に快く応じてくれる会社もあるでしょう。しかし、やはり原則を言えば、仕事の時間中に問い合わせる方が良いと言えます。

 また、今の時代転職をしようと思ってもなかなか該当する会社がない事も多いと思いますので、気持ち的に焦ってしまう事もあるでしょう。このような場合、つい、確認の電話をいれる時に、相手の感情を害してしまう様な話し方をしてしまう場合があるようです。もちろん、面接の結果を文書や電話で知らせます、と相手の人事担当者が述べていたのに、なかなか返事が来ないという場合には、余計にイライラしてしまうかもしれません。

 そもそも、面接結果が適切に報告されてさえいれば、受けた側から電話で確認するケースというのは少ないはずです。この様な場合であっても、決してきつい口調になったり横柄な態度だと感じられない様に注意しましょう。相手側は、こちらを社会人としてみています。学生ではありません。その分、求められる常識も多いでしょう。また、その時はダメでも、もしも次の募集もあった時、前回に悪印象を与えてしまえば希望はありません。

担当者の性格に合わせた聞き方をする

 面接時には、相手と直接話しをしますよね。この時、相手がどのような性格の持ち主なのかを、よく観察するようにしましょう。あなたは社会人であり、面接を初めて受けるのではありません。少しはそのぐらいを観察できる余裕を持って臨んだ方が良いでしょう。そうすれば、後日、面接結果を電話で確認しようとする際、なんと言えば良いのかがのあたりがつけられるかもしれません。

 結論を先に求める様な方であれば、担当直入に「面接の結果を教えてほしい」と述べた方が良いでしょうし、人当たりが良い方であれば挨拶の後、相手の話に乗る事も良いでしょう。忙しそうな人であれば、相手の時間に合わせた電話が出来るように他の人に確認する事も出来るでしょうし、電話が不都合だと感じるのであれば他の方法を提案しても良いかもしれません。いずれにしても、相手側に合わす努力をしましょう。自分の行動の結果は、必ず自分に返ってくるものです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する