1. 「仕事の不安」から転職を考える際のベストなタイミングと考えておくべきこと

「仕事の不安」から転職を考える際のベストなタイミングと考えておくべきこと

by Grand Parc - Bordeaux, France
 仕事の不安から転職を考えることがあるでしょう。その理由は、現職の仕事が自分と合っていないのではないか?という不安や、サラリー面や会社環境においての将来的な不安、または上司や同僚との人間関係においての不安…など様々でしょう。仕事の転職を考えるタイミングとしてベストなのは、どのような時でしょうか。

原因の特定と現状での解決に向けて最大限の努力をする

 仕事の不安から転職を考える場合、その理由もさまざまですが、まずは自分自身がその原因とよく向き合い、しっかりと分析をすることは大切でしょう。その不安感を常に抱きながらでは、現職において集中できず、実力も発揮できず、満足な仕事人生を歩めません。不安の原因が、現在の会社で払拭される時が来るのか、払拭できる方法があるのか、を検討しましょう。

 部署の異動を申し出れば不その安が軽減されたり、将来的に認められレベルアップできる可能性がその会社にあるのなら、すぐに転職で希望や目的を果たそうと思わなくてもよいかもしれません。まだそのタイミングではないかもしれないでしょう。

 まずは、その不安原因が、同じ会社で払拭できる方法があるか否かを追求すべきでしょう。なぜなら、その会社を辞めるのはある意味簡単ですが、もう二度と後戻りはできないわけですし、転職したからといって、その不安が解決につながるという保証はどこにもないのです。まずは現状において、可能性を模索し、最大限の努力をしてみるべきではないでしょうか。

現職の不安要素によって、転職のベストなタイミングを考察する

 現仕事の不安が、現状では克服が難しいと判断した場合、どのようなタイミングで転職を考えていけば良いのでしょうか。履歴書上は、たくさんの会社や仕事を短い期間で次々と変わっていることに対しては、その理由を質問されるでしょう。

 社歴や転職歴については、自分が納得し、面接などでの質問でも自信を持って理由の返答ができることが肝心。ただ、期間だけが大事なのではなく、実質的なキャリアにつながっていれば良いので、3年くらいの在籍期間で、ある程度の仕事実績が客観的にみた最低限の目安かもしれません。

 キャリアは、仕事実績や技術に加え、会社への適応力や貢献度も含まれてくるため、ひとつの会社の在籍期間はそれを判断される材料となることも、認識しておくべきでしょう。

 また、今後の仕事に対する不安については、将来的に何年間の計画で、不安を解消してゆきたいか、自分の希望や見通しをはっきりさせるべきでしょう。サラリー面での不安は、具体的に算段することがある程度可能ですので、自分も生活や人生設計と合わせて、保証はないですが、事情によっては、早く転職を考えても良いかもしれません。

自分自身が納得している時がベストなタイミング

 どのような理由においても、転職を決める時は、自分が一番納得している時、ということが最も大切。なぜなら、転職という行動はとてもエネルギーがいることだからです。今までの仕事に不安があったとしても、それをすべて有意義なキャリアとして自分自身で捉え、新しいステップのために転職を描くポジティブな思考と行動力が必要となってきます。ですから、自分の一番うまくいっている時期の転職が、一番望ましいと言えるでしょう。


 転職をしたいと考えた理由が、不安要素から始まっていたとしても、それに気が付いた時点で、不安からの払拭のスタートですから、納得して着実に考えていけば、自分にとって最も良いタイミングだとも言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する