1. 経営者が会社経営において知っておくべき法律の基礎知識

経営者が会社経営において知っておくべき法律の基礎知識

by paul bica
 会社の経営者にとって最も大切なことは、会社をよりよい状態にするために先頭に立って社員を引っ張っていくということです。そしてそのために、経営者に必要な知識や心構えは数えきれないほどあります。会社を経営するということは、それほど大変なことなのです。

 また、経営者が知っておくべき重要知識の一つとして、法律知識を挙げることができます。会社はすべて経営者が好きなように経営できるというわけではなく、法律という制約のもとで経営を行わなければならないからです。では会社経営を行う上で必要な法律に関する知識とはどのようなものがあるでしょうか。

【1】会社法に関する知識

 まずは会社法です。これはやはり経営者としては覚えておかなければいけない知識でしょう。特に初めて会社を設立するときなどは、会社の形態や組織に関する基本的なことだけでもおさえておかなければ、前に進めません。経営者がまず最初に必要とされる知識です。

【2】労働法に関する知識

 社員を雇用する場合に必要なのが、労働法の知識です。労働法とは、固有の法律ではなく労働に関する法律の総称です。労働法という括りでまとめなければならないほど、労働に関する法律はたくさんあるということです。

 特に近年はブラック企業という言葉が盛んに使われるようになり、経営者は労働法について無関心のままではいられなくなっています。気づかぬうちに会社がブラック企業になっていたということのないように、最低限の知識を身につけたい法律です。

【3】税法に関する知識

 税金について必要な知識が、税法についての知識です。税金対策はどんな会社でも重要ですが、税法はあまりにも複雑なため知識というよりも概念を身につけるといったイメージでとらえるとよいと思います。

【4】中小企業基本法

 中小企業の経営者に関しては、この法律知識が必要になります。中小企業は大企業と異なり、国による支援が受けられるケースが多くなっています。その基本的な内容についての法律です。

 また、中小企業についてはこれ以外にも様々な法律があり、自立支援策も多くなっています。それらの支援を受けるためにも、中小企業関係の法律は知っておくべきであると言えます。


 これ以外にも経営者が知っておいたほうがいい法律は、たくさんあります。しかし、経営者にとって最も重要なことは会社をより良い方向に導いていくことです。したがって、まずは最低限の知識をつけてこれから始めようとしている経営方法が法律上問題がないかどうかをプロに判断してもらうことも一つのやりかたです。法律は、知らなかったでは済まされません。社員のため、そして会社の今後のためにしっかりと法律に則った会社を作りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する