1. 転職を成功させるための仕事の選び方【経験職種をベースに考える】

転職を成功させるための仕事の選び方【経験職種をベースに考える】

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 転職する際に一番大きなテーマになるのが「どんな仕事を選ぶか」でしょう。それが転職を成功させるための鍵を握っていると言っても過言ではありません。キャリアアップ、スキルアップを目的にした転職であれば、迷うことなく前職と同じ、またはそれに近い職種を選ぶことになるでしょう。ここでは、それ以外のケースについて、成功のための仕事選びの基本について話していきます。

ベースは経験職種

 転職で新しい仕事を選ぶ時にベースとなるのが、やはり前職などで経験した職種です。結論を先に言うと「できるだけ経験職種を選ぶこと」、これが成功への近道。転職の動機には色々あります。「前職の仕事自体が好きになれない、自分の性に合わない、能力を発揮するのにふさわしい仕事ではない」という理由で転職するケースもあるでしょう。

 しかし、そうではないケース、つまり、「仕事の内容そのものはけっして嫌ではなかったが、人間関係や社風、待遇などに不満や悩みがあって前職を辞した。」そして、他にやりたい仕事がない場合は、できれば同じ種類の仕事を選ぶことをおすすめします。

 新しい職場でも前職での経験を生かせることがその理由の1つ。もう1つは、受け入れる企業側もそれを望んでいるからです。転職者を採用するというのは、その人の経験を自社で生かしてほしいと考えるもの。できれば即戦力に、と多くの企業が考えているでしょう。

 ですから、経験職種への転職を企図したほうが、試験にも通りやすいですし、また実際の仕事もスムーズに覚えられます。転職を成功させるための、もっとも有効な仕事の選び方と言えるでしょう。

違う職種を考える場合

 先ほど触れたように、前職をその仕事そのものが理由で辞した場合は、当然違う職種への転職を考えることになります。はっきり「今度はこの仕事をしたい」という希望がないときは、どんな仕事の選び方をすればいいか。ここでもヒントになるのは、前職などの職歴。

 社会に出てから、さまざまな仕事を近くで見てきたはずです。前職でも、自分のセクションの仕事だけでなく、たとえば同期の友人から、他のセクションの仕事について話を聞いたりした経験があるでしょう。学生時代には見えなかったさまざまな仕事の実際を、知識として身につけている、これは転職者の大きな強みです。

 その知識の中から、自分の性に合っているもの、自分にもできそうなもの、興味が持てる仕事は何かを考えるのです。その際、就職活動のために行った自己分析を参考にすることをおすすめします。自己分析は貴重な自己資料。それと、前職で得た様々な仕事に関する知識を併せて吟味すると、ふさわしい仕事が見えてくるでしょう。成功はその先にあります。

 
 転職を成功させるための仕事の選び方をひと言で表現するなら、「出来るだけ無理のない職種の選択」です。それはただ、合格率を高めるだけでなく、新しい職場で力を発揮し、真の成功を手にするための近道と言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する