1. 【3つのパターンで考える】転職を考えた時の正しい仕事の選び方

【3つのパターンで考える】転職を考えた時の正しい仕事の選び方

by *~Dawn~*
 キャリア形成のステップとして転職する人が増えてきました。以前は、転職というとマイナスのイメージをもたれがちでしたが、現在では能力の高い人ほど積極的に転職をする傾向にあり、ステップアップの手段として欠かせないものとなっています。

 しかし、転職した人がすべて成功しているとは限りません。仕事選びに失敗してしまう人も多くことを理解しておかなければなりません。転職を考えたときはどのように仕事を選べばよいのでしょうか。今回は、転職を考えた時の仕事の選び方について解説します。

1. 業務内容で仕事を選ぶ

 転職先で担当する仕事が自分にあっていないものだった場合、その転職は成功とは言えません。転職先を選ぶときは仕事の内容に注目し、自分の能力やスキルを最大限生かせるかどうかをチェックすることが重要。

 自分を活かすことができる仕事であれば、仕事のパフォーマンスも向上しモチベーションもアップするでしょう。合わない仕事に転職することほど、辛いものはありません。求人情報に書かれている内容だけでなく、先方との面接の際も業務内容について詳しく確認しておきましょう。

 同じ分野の仕事であっても、会社が変われば仕事の内容や担当分野は異なります。思うような仕事ができないと、転職を有意義なものにすることはできません。今までと同じ業種の会社に転職するからといって安心してはいけません。

2. 待遇で仕事を選ぶ

 給料や休日といった条件は、転職における重要な項目。待遇アップを求めて転職する人は多いですし、待遇が良くなれば直接的なメリットが生まれます。転職で待遇アップを成功させるためには、自身が有能な人材でなければならないのです。会社側が好待遇で迎える価値のある人材だと判断しなければ、待遇アップは望めません。待遇を第一の転職条件に考えるのであれば、能力やスキルを磨いておきましょう。

 待遇に注目して転職する時に注意しておきたいのが、見せ掛けだけの条件に惑わされないこと。求人情報の中には、見かけをよくするために待遇についてあいまいな記述をしている場合があります。

 給与は手取りなのか総支給額なのか、基本給に残業代は含まれるのか、各種手当は支払われるのか、有給取得率はどのくらいなのか、といった見せかけだけでない実質的な待遇まで踏み込んで確認しておかないと、転職してから事前説明と違う待遇で扱われてしまうことがあります。面接の段階で給与を含む待遇については必ず確認を取り、できれば合意した内容を文書にしておきましょう。

3. 働き方で仕事を選ぶ

 業務内容や待遇は重要なポイントですが、働き方が自分にあった職場でなければ転職は不可能。どんなに待遇が良くても勤務地が遠方であれば通勤の負担は大きくなってしまいますし、深夜早朝の勤務を求められる職場もあります。職場での勤務時間は生活リズムに大きくかかわる条件であり、場合によっては体調を崩す原因になってしまうこともあるのです。勤務地や勤務時間、出勤日などをよく調べ、転職後に働き続けることができるか検討してください。

 今までと異なる職場で働く転職にストレスはつきもの。働き方によって仕事から受けるストレスは大きく変わります。転職した結果、体調を崩してしまっては元も子もありません。待遇アップや仕事の満足度も重要ですが、健康に働ける職場を選ぶのが何よりも重要なポイントになります。


 転職した後どのように環境が変わるのかを完璧にリサーチするのは不可能。完璧にリサーチすることは不可能でも、できる範囲で努力することで、より良い仕事を選ぶことは可能です。自分にとって仕事とは何なのか、転職によって目指すものは何なのか、それをきちんと理解することが、転職を成功に導く仕事の選び方に繋がるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する