1. 面接本番で失敗しないために取り組みたい2つの練習方法

面接本番で失敗しないために取り組みたい2つの練習方法

by seyed mostafa zamani
 これからの人生を大きく左右するものになるため、面接は失敗したくないと考える人も多いのではないでしょうか。面接で失敗しないためには、入念な準備が必要になります。ここでは、面接本番で失敗しないための練習方法を紹介したいと思います。



模擬面接をしてみる


 面接の失敗を防ぐためには、場の空気や、雰囲気に慣れておくことが重要になるでしょう。なかなか同じ環境を作ることは難しいですが、親しい友人などとともに、予行練習として模擬面接をしてみると良いでしょう。何度も予行練習をすることで、しっかりとした言葉遣いや行動ができるようになるでしょう。



自分の喋っている様子をテープに録音する

 
自分の声をテープに録音してみるという方法もあります。具体的には、用意した自己PRなどを本番と同じようにメモを見ないで言ってみて下さい。録音した声を聞けば、自分の喋るスピードなどが不自然ではないかを客観的に把握することができます。自分の声を客観的に聞くことで、自分が普段どのような話し方をしているのかに気付くことができ、面接でも声の大きさや早さを意識しながら話すことができるようになるでしょう。




 ここでは、面接本番で失敗しないための練習方法を紹介しました。練習を重ねることで、失敗する確率を減らすことができます。しっかりと取り組み、失敗を防止しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する