1. 英語を効率良く学ぶための練習方法

英語を効率良く学ぶための練習方法

by QueenNeveen
 英語力はちょっとしたコツでぐんと上げることができます。私たちはどのようにして日本語を喋り、読書できるようになったのでしょうか?それをもう一度よく思い出せば自ずと答えは出てくるでしょう。では、具体的な英語の学習方法について書いていこうと思います。

リーディングとライティングを同時に

 例えば日本語で《うん、そーだよ!》と返事したとしましょう。これを文字に起こすと《うん、そうだよ!》ともなるわけです。つまり、言葉は変化するのです。これに気づくことによってライティング力はグンとあがってゆきます。英語では《put it on》プット イット オンという言葉がありますが、これをネイティブの方が発音すると《プリロン》と聞こえるのです。3つの単語があたかも1つの単語のように聞こえるのです。リーディング力を鍛えておかなければそれを文字に起こす事はできないと言えるでしょう。なのでリーディングとライティング両方同時に強化していく必要があるのです。最初はなかなか意味がわからず苦労することもあると思いますが、やっていくうちにわかる言葉が増えていき、理解できるようになると思います。

毎日英語を喋る

 せっかく覚えてきた英語も毎日やらなくてはなかなか自分のものになりません。日ごろから英語に触れていないといざとなった時に自分の口から英語が出てくるようにはならないのです。本当に英語力を上げたいのならばリーディングライティング同時に強化するとともにそれプラス自分から英語を話すということも付け加えた方が良いでしょう。そうすることによりいっそう英語力はアップするはずです。今の時代ネット環境がある人は日本にいながらにして外国の方とコミュニケーションをとることも可能になりました。それを活用することも非常に自分にとって有効なものとなるでしょう。とにかくライティング力を上げるにはその1つに固執せず、あらゆる方向から英語のシャワーを浴びせることです。

まとめ

 なかなか英語力が身に付かず心がめげてしまいそうになることもあると思いますが、私たち日本人も生まれたときからすでに日本語を喋れたわけではありません。生まれてからたくさんの日本語のシャワーあびることによって今の私たちがいるのです。そしてそのシャワーを浴びている間私たちには日本語勉強しているという感覚はなかったはずです。あくまでも自然に身についていったのです。そのことを忘れずもの英語力アップに努めましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する