1. 英語は短期間学習のほうが覚えられる!これでバッチリ英語学習法

英語は短期間学習のほうが覚えられる!これでバッチリ英語学習法

by Vince Alongi
 「英語で流暢に話すことができたらどんなに世界が広がるだろう!」そんなことを考える人は、世の中には大勢いるのではないでしょうか?英会話教室に通うという方法も考えられます。しかし、それにはまとまった時間もお金も必要となります。
お金も時間もそんなにかけず効率よく英語を習得できる方法はあるのでしょうか。



1.必ず目標をたてる

 
なぜ英語をマスターしたいのか、自分なりの目標をもつことが必要です。「英語検定で1級を取る。」「TOEICで高得点を取る。」など、はっきりとした目標をもつことで勉強しなけ
ればならないという気分になります。

 「何年後に」と遠い将来の目標ではなく、「数ヵ月後」とか「今年中に」など短期間の学習で達成しなければならない目標をもつことが大事です。

しかし達成できないような無理な目標を立てるのではなく、無理をせず頑張りすぎないというのも大事なことです。



2.いつ勉強できるのか、時間配分を考える

 英語の勉強はいつすれば効率がいいのかは、人によって生活リズムが違うので、一概には言えません。毎日こつこつと勉強する人もいれば、通勤の電車の中だったり、週末だけ英語学習の時間に当てる人などいろいろなパターンがあると思います。



3.積極的に英語を使う


 日本人は外国人に話しかけられた時に消極的であったり、外国人が身近にいても積極的に話しかけないといった風景が良く見られます。

 しかし、英語は言語ですのでインプットだけではなくアウトプットが必要です。話せるようにならなければ意味がありません。外国人と話す機会がなくても、海外ドラマや映画の中に出てきたセリフをまねて自分でも言ってみたり、英語を口に出す練習をしましょう。それだけでも英語の習得の近道になります。



 また、短期間で達成する目標をもつということは、短い期間だけ集中してがんばればあとは楽になれる、楽しくなれるということです。気負わず無理せず自分のペースで頑張りましょう。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する