1. 仕事でのミスを経験として次の機会で活かす方法

仕事でのミスを経験として次の機会で活かす方法

by JD Hancock
 仕事でミスをしてしまうことは、必ず誰にでもある経験なのではないでしょうか。しかし、成長する人としない人の差としては、仕事のミスを経験として活かせるかどうかというところです。ここでは、仕事でのミスを経験として後の仕事に活かす方法を紹介したいと思います。

ミスの根本的な原因を探し出す

 同じミスを犯さないようにするということをまず心がけましょう。これはビジネスマンとして基本にも当たる部分です。さらに次の機会で活かすためには、ミスをしないだけではなく、ミスを成長につなげる必要があります。そのためには、ミスの根本的な原因を見つけるようにしましょう。そうすることで、なぜそのミスをしてしまったのかがわかるようになり、結果として、ミスが減り、自分のスキルアップに繋がります。

周りへの影響を考える

 ミスをすることによって、それに派生して周りにどのような影響を及ぼすのかも考えなければなりません。そうすることによって、単にミスを防ぐだけでなく、事前にどんな用意や準備をしておかなければならないかを考えるようになります。ミスがきっかけになって周囲に神経を張り巡らせることができるようになるということです。自分の事だけで精一杯の時には、それがなかなかできませんし、教わったとしても身につくものではありません。しかし、自ら考えることによって、確実に身につくようになります。


 ここでは、仕事のミスを経験として活かす方法を紹介しました。仕事でミスをしてしまっても、それを活かして次のステップに進むことが、ビジネスマンとして、成果を上げるためには求められます。しっかりとミスへの反省を行い、次へ活かしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する