1. 【面接官の意図を読み取るために】グループディスカッションの練習方法

【面接官の意図を読み取るために】グループディスカッションの練習方法

by T.Kiya
 転職や就職の試験の一環として行われるグループディスカッションですが、面接官は何を見極めているのか考えることが必要です。基本的には「協調性」や「対応力」を見られます。ただ目立ったり先頭に立ち話すことが審査の通過に直結するとは限りません。ここでは、面接官の意図を読み解きながら、グループディスカッションの練習方法を紹介したいと思います。

自己分析をしっかり行う

 大切なことは「自分らしさ」をそのグループディスカッションで表現することです。「面接のための自分」を作り出すことよりも「より自分を相手にわかってもらう」ことに時間をかけましょう。そこで大切なのは自己分析をすることです。自分の良い点や自分の悪い点をとにかく挙げていきましょう。自己分析を行うことで、自分のグループディスカッションの立ち位置も自然と決まっていくでしょう。

日頃から人間の行動や考え方を分析しておく

 面接官がグループディスカッションで見るのは、「協調性」や「対応力」です。日頃から、他の人がどう考えているのかということを意識するのと同時に、選択すると他の人だったらどういう価値判断をするのかを考えて行動してみましょう。そうすることが、協調性や対応力を高めていくことに繋がります。


 ここでは、グループディスカッションの練習方法を紹介しました。自己分析や、日頃から思考の際に判断基準を他人に置いてみると、グループディスカッションの練習になります。しっかりと練習をしてグループディスカッションに臨みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する