1. ファシリテーションの核となる3つのスキルとそれぞれの重要性

ファシリテーションの核となる3つのスキルとそれぞれの重要性

by Wonderlane
 最近注目を集めている「ファシリテーション」という言葉をご存知でしょうか?ファシリテーションとは、元々は物事を促進するという意味の言葉で、ビジネスの現場では会議を円滑に運営し合意形成を促す能力のことを意味します。

 会議がビジネスにおいて重要な作業であることは当然ですが、ファシリテーションの欠けた会議は質の低いものとなり、有益な合意形成に至ることができません。今後の業務運営で、ますます重要になっていくファシリテーションとは、一体どのようなものなのでしょうか?今回は、ファシリテーションのスキルの種類とそれぞれが重要な理由について解説します。

1. 会議のデザインスキル

 会議を開くにあたってどんなテーマを設定し誰に参加を求めるのか、そのような会議全体の方向性を決める能力を会議のデザインスキルといい、ファシリテーションにおける重要なスキルとなっています。

 会議のテーマを適切に設定することで、会議自体を有用なものにすると同時に現状の問題解決が達成されますが、テーマ設定が誤っていたり適切な参加者を集めることができなければ、会議の目的を達成することができません。

 ファシリテーションでは会議で解決すべき問題を事前に探り出してテーマ化する能力と、その問題を解決するのに必要な参加者を集める能力が求められます。また、会議の開催場所の選定もデザインスキルの一種。

 参加者とテーマを考慮したうえで適切な会場を選択しなければ、会議の成功は望めません。がらがらの会場でも人が多すぎて入りきれない会場でも、会議は成功とは言えません。議場の選択によって参加者の熱意や意欲も変わりますから、事前に条件をリサーチし、理想的な会議となるように会議全体をデザインするスキルが求められます。

2. 会議の進行スキル

 優れたファシリテーションを身につけた人物をファシリテーターといいます。ファシリテーターの役割は会議の事前準備だけでなく、本番の議事進行も大事な仕事。ファシリテーターは議事進行を行うなかで議論が活性化するように参加者の発言を促し、意見の異なる者同士の相互交流を図ります。会議を有用なものにするためには、ファシリテーターは発言者の真意を正しく汲み取り、会議の他の参加者に向けて上手に投げかける必要があります。

 単に発言者を指名するだけでなく、議論を活性化させより有益な発言を引き出すために、あるときは質問をしある時は反論するのもファシリテーターの役目。単なる議事進行能力にとどまらず、メッセージを正しく理解して投げ返し、更に他の参加者から新たな意見を引き出すことができる高いコミュニケーションスキルが不可欠になります。

3. 会議の合意形成スキル

 議論を活性化させるのはファシリテーションにおける重要なポイントですが、ただ活性化させただけでは正しくファシリテーションが発揮されたとは言えません。議論が活性化した後に合意形成ができて、初めて正しくファシリテーションが発揮された会議になります。

 議論が高まれば高まるほど議論は煮詰まっていきますが、参加者同士が白熱した議論を戦わせた場合、対立構造ができてしまい合意形成が難しくなってしまいます。議論を促すのはいいのですが、単なる意見のぶつけ合いになってはいけません。論点を論理的に整理して議論の方向性が反れないよう上手く流れをコントロールし、最終的には双方が納得のいく形で合意するように会議全体を導かなければなりません。

 最終的な合意形成を達成するためには、議論を正しく導く論理力や説得力を含む合意形成スキルが重要になります。


 ファシリテーションは主に会議の質を高めるものと認識されていますが、その応用分野は幅広く、組織で行動する場合にはすべてにおいてファシリテーションが必要になります。ファシリテーションとは集団で活動するメリットを最大限に引き出すための能力であり、異なった意見を持った人たちを相互作用によってより有用なものにするスキル。ファシリテーションを正しく理解して、業務遂行にうまく活用してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する