1. 【案内状の文例はどうする?】会社の入社式が行われるまでに必要な準備

【案内状の文例はどうする?】会社の入社式が行われるまでに必要な準備

【案内状の文例はどうする?】会社の入社式が行われるまでに必要な準備 1番目の画像

 この春、新入社員を迎えるための入社式を準備している人も多いのではないだろうか。

 入社式が取り行われる前には、会社から案内状を送ることだろう。

 はじめて入社してくる社員に対し、送るものになるため、きちんとした印象をつけるためにも正しく案内状を作成することが大切だ。

 ここでは、その案内状の文例について見ていきたい。

【1】入社式の案内状の文例

入社式の案内状は決まりにしたがって書こう

 基本的に、入社式の案内の書き方には決まりがある。

 まず左上に、相手方の名前を様付きで記し、右上には会社名・代表者の役職・氏名を記す。

 次に、中央「入社式の案内」と少し太字にして書き記そう。

 本文の文例としては、「平成○年新規採用社員の入社式を、下記の通り執り行いますのでご出席ください。」から始める。

 また、入社後に研修等がある場合には「入社式終了後は引き続き集合研修を行います。」等の文字を記してもいいだろう。

 最後に「以上」で締めくくり、その下に「記」という文字を添え、日時、会場を記しておく。

 加えて「ご不明な点がございましたら人事担当○○まで電話(00-0000-0000)までお問い合わせください」と記しておくとより丁寧な印象を与えられる。

 案内状を差し出す際には、会場の地図を別途添えておくと親切だ。

【2】入社式の流れと準備

入社式当日の流れは訓示、挨拶、説明が基本

 企業の入社式では、社長の訓示や新入社員の挨拶など、典型的な流れがある。

 入社式は1時間程度で終了する早い企業もあるが、長い場合には半日程度かかる場合もある。

 内容は、まずは社長の訓示から始まり、役員や人事の挨拶・新入社員の挨拶・加えて組織についての説明が主流だ。

 大抵の会社は入社式を形式的な物と考えるが、中には先輩社員の生演奏や、立食パーティーが行われるなど、ユニークで個性的な入社式もある。

 入社式の準備は社内調整と資料準備が大半を占めるが、他にもプログラム作成や受け入れ準備・入社後の研修や新入社員への連絡など細かい準備が必要だ。

 しかし、毎年内容が決まっているため、大がかりな準備はさほど必要ない場合も多い。

 逆にもし独自に会社のパフォーマンス等を行う場合にはそれに関する準備も必要になってくるだろう。



 入社式は、新入社員を迎え入れるための風習であり、これは日本の企業特有の特徴だ。

 新入社員を社員の一員として歓迎してあげるためにも、事前の準備はきちんと行い、入社式本番をスムーズに進めることで、新入社員の入社への不安もなくなることだろう。

 安心感が持てれば新入社員も積極的に仕事に取り組む事ができるようになるはずだ。

 入社式の準備を無事にやり遂げるため、本記事が参考になるとうれしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する