1. 独立をして仕事を簡単に始めるためにあらかじめやっておくべき準備

独立をして仕事を簡単に始めるためにあらかじめやっておくべき準備


by wilsontampsu

個人で仕事をするか、法人を作って仕事をするか

 いつかは自分も、と独立を志し頑張っている人も多いと思います。しかし、独立をして仕事を簡単に始めるためには、いくつか準備をしておかなければいけないことがあります。まずは、基本である独立の形態について知ることからです。

 独立をして仕事をする場合、個人事業主として仕事をするケースと法人を設立して仕事をするケースの2つのケースに分けられます。個人事業主は文字通り、個人で仕事をするという形態であり、あがった売り上げから経費を引いた金額がそのまま個人の収入となります。一方で法人は会社を設立して仕事をするという形態であり、収入は会社からの給与という形になりますが信用の高さや税制の優遇などがあるのが魅力です。

 どちらの形態もそれぞれメリット・デメリットがありますが、一般的には年間600万円以上の収入があれば法人にしたほうがメリットが大きいと言われています。まずはこのどちらの形態で開業するかを決めることからスタートしてください。

提出すべき書類の準備

 個人でも法人でも、開業をするためにはそれぞれ手続きが必要です。ある日突然開業をしたと宣言して仕事を始めることができるわけではないので、注意が必要です。それでも個人事業主の場合は必要な書類を役所に提出すれば大丈夫ですが、法人の場合はそうはいきません。

 法人化するには、まず会社の登記が必要です。今の法律では資本金がなくても株式会社を作れますが、その他に登記に必要な諸費用がかかることも頭に入れておきましょう。法人登記に必要な費用は最低でも20万円以上です。資本金が1円でも起業はできますが、登記などに必要な諸経費がかかることを考慮に入れておく必要が必ずあるので注意してください。また、このときに会社の定款や役員など色々と決めることや用意しなければいけないことが数多くあります。必要事項を未然に調べて用意しておくことが大切です。登記が終了した後は、個人事業主同様に必要な書類を役所に提出すれば法人の開業手続きの終了です。

 このように、法人は開業にあたって個人事業主よりも、かなり手間も時間もお金もかかります。法人化を考えている場合は、それらの準備をしっかりとしておくことが肝心です。ここまでくれば、独立をして簡単に仕事を始めるまであと一歩です。

銀行に口座をつくる

 開業をして仕事を始めた時に、必ず必要になるのが銀行の口座です。口座がなければ、大切なお金のやり取りができないからです。個人事業主の場合でも、口座は別口で用意した方がいいでしょう。普段の口座と一緒にしてしまうと、税金の申告などの面で絶対に苦労をすることになります。

 法人の場合は、銀行で法人口座を作る必要があります。しかし、この法人口座は審査が厳しいので簡単には作れません。大手銀行の場合は申し込みから2週間ほど審査に時間がかかり、場合によっては口座開設が認められないというケースもあるので注意が必要です。当然、口座の開設は会社の登記後に行う必要があるので、開業をする場合は口座開設まで2週間ほどかかることを予定に入れておくといいでしょう。


 独立して簡単に仕事を始めるために必要なものというと、ついついパソコンなどの必要な機材・営業的なコネ・売りとなるアイデアや技術といった事業内容や経営に関わることに目がいきがちですが、どんなにしっかりとしたベースがあったとしても、開業というスタートを切らなければ仕事自体を始めることができません。しかし、この最初のハードルを越えさえすれば自分の思うままに、事業を展開していくことができます。まずは開業という最初の一歩をクリアして初めて、夢が形となっていくためのスタートラインに立てるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する