1. 退職の意思表示をするベストな期間とは

退職の意思表示をするベストな期間とは

退職の意思表示をするベストな期間とは 1番目の画像
by Lel4nd
 退職を伝えるとき、なるべく会社とはいざこざを起こしたくないと思います。
では、どのようにすれば円満にに会社を退社できるのでしょうか。今回は、タイミングという観点から書いていきたいと思います。

決算の直後は避ける

 まず一つ目は、決算後に新しい期となり、様々な人員の異動や組織変更が行われるであろう時期は避けるべしということです。
通常だと、3月決算後に4月から新たな組織を迎える企業が多いかと思います。外資系だと、12月決算で1月期初がほとんどだと思いますが。とにかく、新しい期を迎えるということは、上層部では新たな体制はどうしていくのか、誰を昇進させ人をどう配置していくのかを話していくのです。

 ですから、その話を進めているさなかでの退社は業務に支障が出てしまいかねません。
しかし、早く言いすぎてもその後の数ヶ月間の扱いが雑になっても困ると思います。ベストタイミングは期が変わる2〜3ヶ月前でしょうか。業務にも支障は出にくいと思います。

閑散期を狙え

 もう一つが、閑散期を狙って意思表示をするということです。業界によって異なると思いますが夏の時期は割と落ち着く時期にはなるところがほとんどでしょう。お盆休みや夏休みがある企業も多く、そうやって休んでも会社が回る時期であるとも言えます。そんな、皆の心にゆとりがあるときに、ゆったりと落ち着いて自分の気持ちを話せるのはベストなタイミングなのではないでしょうか。

 夏休みがフレキシブルな会社でしたら、上司が夏休みに入るタイミングを調べて、その直前に話すのがいいかもしれません。

最後に

 タイミングは本当に何でも大事です。時期はもちろん、上司の機嫌やタイミングをつかむことも大事です。
普段の生活から業務の報告を以て練習しておくのも良いかもしれません。タイミングを見計らう癖というのは普段から身につけておくべきでしょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する