1. 転職で年収アップを目指す人が覚えておきたい3つのポイント

転職で年収アップを目指す人が覚えておきたい3つのポイント

by Ed Yourdon
 転職に求める条件は人それぞれですが、年収アップは譲れない条件と考える人は少なくありません。転職を自らのキャリアプランの一環と位置付けるのであれば、年収アップが譲れない条件であるのは当然かもしれませんが、すべての転職者が年収アップに成功しているわけではありません。

 以前として労働市場の冷え込みが続く中、転職で年収アップを実現するためにはどのような転職活動を行えばよいのでしょうか。今回は、年収をアップさせる転職の仕方について紹介します。

1. 転職するタイミングを考える

 転職で年収アップを実現するためには、自らが企業にとって有用な人材であり、高い給料を払ってでも雇う価値があることを示さなくてはいけません。そのためには、同年代の人材との能力差が現れる時期を狙って転職する必要があります。

 一般に労働者が一人前の人材として認められ始めるのが、20代半ばから後半にかけてです。この時期は仕事のやり方を一通り覚え、ある程度の責任を持って仕事を担当し始める時期になります。この時期には仕事に対する適性や能力差がはっきりと表れるようになり、仕事ができる人の評価は高まって転職市場でも有利な条件で転職ができるようになります。

 あまり早期に転職活動を始めてしまうと、必要とされるだけ能力が身についておらず、面接でアピールできるだけの実績も持ち合わせていないため、競争相手と自分を差別化するのが難しくなってしまいます。転職で年収をアップさせるということは、自分を高く売り込むということ。自分という人材のセールスポイントが、明確になったタイミングを見極めて転職活動に入りましょう。

2. スキルや知識を身につける

 転職で年収がアップする人材とは、他の人間では代替できない希少な人材です。具体的に言うと、必要度が高く多くの企業が採用したいと思えるようなスキルや知識を身につけている人材。スキルや知識は自分を高く売り込むためのセールスポイントであると同時に、即戦力として働ける証明でもあります。客観的に能力を証明できる資格や試験結果を持っていれば、より転職活動を有利に進められるでしょう。

 転職活動で求められやすいスキルには希少性の高いスキルと汎用性の高いスキルがありますが、どちらも年収アップには有利に働きます。例えば、特殊車両免許は需要の高いスキルですが保有者が少ないため希少性が高いスキルとなり、英会話の能力は色々な職場で必要とされるスキルなので汎用性が高いスキルになります。

3. 企業規模にこだわらない

 大企業に転職したほうが年収がアップすると考えがちですが、企業規模と年収は必ずしも比例するものではありません。大企業で一般社員として採用されるよりも、中小企業で管理職として採用される方が年収がアップする可能性は高いですし、企業にとってどうしても必要な人材であれば企業の規模に関わらず高い年収で雇用されます。

 重要なのは転職先の企業規模ではなく、労働力としての価値です。魅力的な人材であれば企業規模がどうであれ転職で年収アップすることは十分にあり得ます。求人情報を探すときに最初から大企業ばかりチェックする人もいますが、年収アップを転職の第一条件にするのであれば企業規模で求人情報を絞り込むのは得策とは言えません。全ての求人情報に目を通して、なるべく有利な年収条件を提示している求人を探し出しましょう。


 企業にとって必要な人材であるならば、面接で年収について交渉することも可能。何よりも大切なポイントは、自らの能力を高めて人材としての価値を上げることです。優秀な能力を持った人材であれば転職活動も有利に進められますし、候補となる転職先も増えることになります。優秀な人材になるために努力することが、転職で年収アップをつかむための重要な要素となるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する