1. 会社を退職すると決意した後のモチベーションの保ち方

会社を退職すると決意した後のモチベーションの保ち方

by familymwr
 退職を決めた後も仕事を続けなければならない期間がありますが、モチベーションとしては今の仕事を辞めて早く次の仕事をしたいというように向いてしまい、現状の仕事にモチベーションを保つことは難しくなります。ここでは、退職を決意した後のモチベーションの保ち方を紹介したいと思います。

引き継ぎに目標をセットする

 退職が決まった場合、業務の引き継ぎをしなければなりません。この場合、仕事の量としては、自分の現在の仕事をこなしつつ、引き継ぎ業務をやることになるため、忙しくなることが多いでしょう。また、引き継ぎをする作業自体も、人に教える作業となるため、かなり根気がいる作業です。ここに目標をセットし、しっかりと引き継ぎが行えるようにすることで、モチベーションを保つことができるのではないでしょうか。

次の仕事でも活かせそうなスキルを業務で身に付ける

 次の業務や仕事も、ビジネスですので、基本的なスキルなどは変わらないと思います。ビジネススキルの中で、次の仕事でも活きそうなスキルを見つけ出し身に付けるように頑張ることで、モチベーションを保つことができるのではないでしょうか。次の仕事のことを考えつつも、今の仕事に取り組めるため、おすすめの方法でもあります。


 ここでは、会社を退職すると決意した後のモチベーションの保ち方を紹介しました。退職したからといって業務を疎かにしてはいけません。業務に取り組む中で、次に活かせることを学び、モチベーションを保ちましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する