1. 転職の理由を志望動機に記載するときのポイント

転職の理由を志望動機に記載するときのポイント

by ume-y
 転職をする際は、履歴書、職務経歴書において、自分の志望動機をしっかりアピールしなければなりません。多くの企業は書類選考で、応募者を採用する判断材料に使うものとして、経験、仕事内容、スキルなどを重視しています。ここでは、転職の理由を志望動機に記載するときのポイントを取り上げていきます。

 前職の批判をそのまま理由としない 

 転職を希望する場合、給与が高い、前職での不満、人間関係など、そのまま記載することができない理由がある場合もあるでしょう。不満がある場合は、それをそのまま志望動機にもぶつけてしまうと、相手の印象が悪くなってしまいます。前の職場に対し、批判とみなされるような内容を記載することは避けましょう。 

身につけた知識やスキルのアピールを志望動機にも入れる 

 転職の理由が、自分のステップアップやスキルアップをするためだという場合ですが、しっかりと自分のやる気をアピールすることが必要になります。そのため、転職先で行う仕事へのやる気が確かであることを企業側に明確に伝えることも重要でしょう。取得した資格や、身につけたスキルや知識の記載を加えることで、努力が見なされたり、企業側に良い印象を与えることができます。自分の持つあらゆる知識やスキルを記載することも採用の判断材料となるポイントだと言えるでしょう。 

  ここでは、転職の理由を志望動機に記載するときのポイントを紹介しました。志望動機を書く場合は、理由を明確にしたうえで、ポイントを押さえて書くことが求められます。ここで紹介したポイントを意識して志望動機を書き上げましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する