1. 会社での花見で幹事として挨拶するときに気をつけたいこと

会社での花見で幹事として挨拶するときに気をつけたいこと

by BONGURI
 花見の幹事の挨拶は、会の雰囲気を決めることもあり、重要です。特に任せられた幹事の方は、文面などを考えておく必要があるでしょう。ここでは、花見で幹事として挨拶するときに気をつけたいことを紹介したいと思います。

ビジネスとしての意識も必要

 会社で行う花見の席では、挨拶でもビジネスマンとしての意識を持つ必要があります。固い挨拶である必要はありませんが、ビジネスマンとして恥ずかしくないような挨拶をするようにしましょう。ハメを外しすぎて、信頼を失うようなことはしないようにしましょう。

挨拶は手短に

 あまりにも長い挨拶をしてしまうとせっかくの花見の席で盛り上がった空気が冷めてしまいます。短い挨拶でパパっと済ましてしまうほうが、主催側も、参加する側にもメリットがあるのではないでしょうか。1分から、長くても2分未満の挨拶で済ますようにしましょう。

先に内容を考えておく

 先に内容を考えておくようにするのも大切なことです。内容が無く、グダグダな挨拶をするのはよくありません。先に言うことをまとめておくと良いのではないでしょうか。紙に書いておく必要は有りませんが、事前にどういうことを話すのかはまとめておくようにしましょう。


 ここでは、会社の花見の席で幹事として挨拶するときに気をつけたいことを紹介しました。短く内容をまとめると、挨拶としては成功と言えます。しっかりと内容をまとめて花見の場を乱さないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する