1. 転職時の面接で前職を辞めた理由を説明するときに注意すること

転職時の面接で前職を辞めた理由を説明するときに注意すること

by vancityhotshots
 転職をするということは、前職を辞めるということです。面接では、前職を辞めたいと思った理由を聞かれる場合もあるのではないでしょうか。ここでは、転職時の面接で前職をやめた理由を説明するときに注意したいことを紹介したいと思います。

理由に脚色はいらない

 理由を述べる時に脚色を付ける人もいると思いますが、脚色をするよりかは事実をしっかりと伝えた方がいいでしょう。そうすることで、相手に誤解なく理由を伝えることができるでしょう。

前の会社のせいにはしない

 前の会社に原因がある場合も有りますが、それを、会社に原因が会ったという述べ方をしてしまうと、角が立ちます。会社に原因があったと一方的に批判するのではなく、客観的に理由を述べるようにしましょう。

ポジティブを貫く

 辞める理由を述べるというのは、一見マイナスな面を感じさせる質問ですが、自分の中では、ポジティブな内容に変換することが必要になります。そのためには、理由を言うだけでなく、そこから自分はどうして行きたいのかを述べるようにしましょう。


 ここでは、転職時の面接で前職を辞める理由を伝えるときに気をつけたいことを紹介しました。ネガティブな質問も跳ね返すような答え方をするようにしましょう。ここで紹介したことを活かし、面接に臨んでください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する