1. 初心者が簿記の勉強に1から取り組むときの勉強の仕方

初心者が簿記の勉強に1から取り組むときの勉強の仕方

by iKobe!
 ビジネススキルとして簿記の勉強を始めようとしている方も多いのではないでしょうか。ここでは、初心者が簿記の勉強に取り組むときの勉強の仕方を紹介したいと思います。

まず専門用語を覚えて知識を高める

 簿記では、専門用語がたくさん出てきます。これらの専門用語は、普段聞き慣れない物が多く、また言い回しも独特であるため、まずは専門用語や言い回しをしっかりと固めることが重要です。問題によっては言い回しを知らないと解けない場合もあるので、しっかりと覚えてしまいましょう。

ノートを作って実際に書くことで学習

 ノートを作ることも重要です。簿記の問題は、実際に財務諸表を完成させる形式の問題が出ます。そのため、実際に書かないことには、問題が解けるようにはなりません。ノートと問題集を使って、とにかく書いて、手で覚えましょう。


 ここでは、簿記の勉強を1から始める場合の勉強の仕方を紹介しました。専門用語を覚え、実際に手を動かすことで勉強を進めていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する