1. ベンチャー企業がストックオプション制度を設けるメリット

ベンチャー企業がストックオプション制度を設けるメリット

by Kabacchi
 ベンチャー企業の中には、自社の株式を購入することが出来るストックオプションに制度を社員の福利厚生として採用している場合があります。一見、あまりメリットがないように感じる制度ですが、多くのメリットが存在します。ここでは、ベンチャー企業がストックオプション制度を採用するメリットを紹介したいと思います。

現金が無くても報酬を設けることが出来る

 ベンチャー企業の中には、なかなか報酬をキャッシュで用意することが難しい企業もあるでしょう。スタートアップは、特に現金で報酬を払うことが困難でしょう。ストックオプション制度は、新株を予約し、発行することが出来る権利ですので、現金がなくても、報酬を用意することが出来ます。

モチベーションアップが見込まれる

 ストックオプションで得られる株式の価値は、会社の成長に合わせて変化します。株式が元ですので、会社が成長すればするほど、自分の資産も大きくなるというわけです。そのため、業績を上げようと、多くの社員はモチベーションを上げることが予想されます。企業として目標を達成するために社員のモチベーションを上げることも重要なのではないでしょうか。


 ここでは、ベンチャー企業がストックオプション制度を設けるメリットを紹介しました。多くのメリットが存在するため、ベンチャー企業の経営者は制度の導入を考えてみてもいいのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する