1. 転職回数が多い理由を面接で聞かれたときの答え方

転職回数が多い理由を面接で聞かれたときの答え方

by James Willamor
 様々な事情があり、転職した回数が多くなってしまった人がいると思います。一般的に転職回数が多いと、面接で不利になるということもあり、かなり悩んでいる人も多いかと思います。ここでは、転職している回数が多い理由を面接で聞かれたの答え方を紹介したいと思います。

自分の仕事に関する考え方をはっきりさせる

 転職が多い人は、仕事に対しての価値観や、仕事選びの軸が長年同一の企業で働く人とは異なっていると思います。そのことを面接官にしっかりと伝えることが必要になると思います。「私は転職を多く経験してきましたが、こういう軸で転職を多くしようと思いました」というように言うといいでしょう。

自分が会社に対して貢献出来る部分を示す

 面接官が気になっているのは、「入社しても、また転職してしまうのではないか」という点です。会社に対して、自分が貢献できる部分も、理由を述べる際に一緒に言うことで、会社に対してプラスの印象を持たせることができるでしょう。


 ここでは、転職の回数が多い理由を質問された時の答え方を紹介しました。働くスタイルや理由があると思うので、しっかりと明らかにし、その上で会社にプラスに働く部分を示しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する