1. 英語のメールで丁寧に仕事の依頼をするときのコツ

英語のメールで丁寧に仕事の依頼をするときのコツ

英語のメールで丁寧に仕事の依頼をするときのコツ 1番目の画像

 海外企業とやり取りがある仕事の場合、英語で仕事の依頼メールを作成することもあるだろう。

 英語メールでは業務内容が伝わりにくく、苦労も多い。しかし、英語の正しい言い回しさえ覚えられれば、仕事の依頼もスムーズに行えるのだ。

 今回は、英語のビジネスメールで仕事の依頼をするときのポイントを紹介しよう。

英語で仕事の依頼をするコツとは

 当然のことだが、仕事の依頼のメールを作成する際は相手に失礼のないように、丁寧な文章を心がけることが大切である。

 英語となるとなかなか丁寧な言葉が浮かばないかもしれない。以下から紹介する丁寧な英語の言い回しを参考にメールを作成してみよう。

英語メールで仕事を丁寧に依頼するコツ①:相手に合わせてフォーマル度を変える

 文章のフォーマル度は相手によって使い分けよう。部下や同僚などの親しい間柄にはカジュアルな表現、上司にはフォーマルな表現を使いたい。

 カジュアルな表現であれば、「Can you〜?」や「Do you mind〜?」を使って、仕事の依頼をすることができる。

 しかし、ビジネスシーンでは大抵の場合、丁寧な英語表現が好ましい。そのため、フォーマルな英語の言い回しを覚えると役立つだろう。

英語メールで仕事を丁寧に依頼するコツ②:丁寧な表現を使って仕事の依頼をする

 丁寧な英語表現の基本は「would」「could」だ。

 仕事の依頼をするときには、「Would/Could you〜?」のように、疑問形にして使う。

 「Would/Coud you〜?」を覚えておくと、英語の丁寧な言い回しに悩んだときに役立つはずだ。

「Would/Could you〜?」を使った丁寧に仕事を依頼する表現

  • Would you send me the document?(書類を送っていただけますか?)
  • Could you finish this project by next week?(来週までにプロジェクトを終わらせていただけますか?)

仕事の依頼に使えるその他の英語フレーズ

 また、「Would/Could you〜?」以外にも、仕事の依頼をする際に使える英語表現がある。

 毎回同じフレーズを使うよりも、その他の丁寧な英語表現も合わせて覚えておくと、レパートリーが増えて表現も豊かになるだろう。

 ぜひ、以下にまとめた仕事の依頼に使える英語例文の一覧を参考にしてみてほしい。

仕事の依頼で使えるさまざまな英語表現

  • Would you mind sending me your business plan?(ビジネスプランをメールで送っていただけますか?)
  • I was wondering if you could turn in the documents as soon as possible.(できるだけはやく書類を提出していただけますか?)
  • I would appreciate it if you could do presentation about new products next week.(新しい製品について来週プレゼンをしていただけませんか?)
  • Would it be possible to give me the documents tomorrow ?(明日書類を渡していただくことは可能でしょうか?)

仕事の依頼には丁寧な英語で感謝の言葉も忘れずに!

英語のメールで丁寧に仕事の依頼をするときのコツ 2番目の画像

 仕事の依頼をメールでする際には、丁寧な言い回しに限らず、感謝の気持ちを伝えることも大切である。

 メールの終わりに、しっかりとお礼を述べよう。

丁寧に“感謝”を伝えるための「お礼の英語表現」

 依頼した仕事をこなしてくれたお礼が「Thank you」だけでは何か物足りないと感じるかもしれない。

 そこで、ワンランク上のお礼の英語表現も使えると、ビジネスで役に立つだろう。

仕事の依頼のメールで使える丁寧な「お礼の英語表現」

  • Thank you for your help.
  • It helps a lot.
  • I appreciate it.


 仕事の依頼をするときに使える丁寧な英語表現について述べてきた。

 カジュアルな英語表現を好む相手もいるが、ビジネスシーンでは丁寧に仕事の依頼をする機会のほうが多い。

 本記事で紹介した例文を参考に、仕事の依頼メールを英語で作成してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する