1. 転職の際に強みとなるエピソードの選び方

転職の際に強みとなるエピソードの選び方

 転職は、出来れば無いにこした事はない、というのは一般的に浸透している考え方です。しかし、人によってはどうしようもない事情によって転職せざるを得なかった場合もあります。また、仕事というのは、その仕事を行う事自体に生きがいを感じているのでなければ、多くの人にとっては生活していく為の手段の一つです。という事は、転職するという選択も人生の中にはあっても良い事でしょう。逆に、転職した自分の経験を強みに変える事が出来れば、自分にとってのアピールポイントともなり得ます。それをエピソードとして企業側に説明するとしたら、どの様な前向きな説明が出来るでしょうか。

転職者の強みとは

 転職者の強みとは、人よりも多くの経験をしていることが挙げられます。一つの会社で働き続ければその会社の中ではエキスパートになれます。しかし、一度その会社を出てしまうと、或いは違う職種となってしまうと通用しない事も多くあります。

 仕事をする上で欠かせないものの中に、職場の中での人間関係も挙げられます。同じ会社に長く居る事が出来るという事は、その会社の中ではそれなりのポジションに居るという事になるでしょう。しかしその場合、不意な出来事が起こった時には対応出来ないという事もあり得ます。

 例えば、新入社員で今までとは全く違う様な人材が入ってきた場合、柔軟に対応出来るでしょうか。或いは自分の会社が何か新しい事業を始めた場合、その事業自体に対応出来たとしても、畑違いの事業であれば社員の特性も違います。それらの人材に対応が出来るでしょうか。

 転職者は、転職先で興味を集める事が多いので、様々な人間と接していく必要があります。自分の事を好意を持って見てくれる人もいれば、敵対視する人も居ることでしょう。その様な中で仕事をこなしてきた経験というのは、必ず大きな財産になります。自分が踏んで来た経験を活かして、「少しの事では動揺しない」というエピソードであったり、「柔軟に対応が出来る」或いは「協調性を発揮できる」という強みでエピソードをまとめる事が可能でしょう。

転職者の弱みとは

 逆を考えて見ると、転職者の弱みとは「忍耐力が無い」と思われてしまう事です。日本人には未だに「一つの会社で長く働くことが美学である」という価値観が染み付いているためです。

 ここを逆手にとって、もしも今まで転職した理由が何かに耐えられないという理由が多かったとしたなら、その耐えられなかった出来ごとをエピソードにする事が出来るでしょう。正直者はバカを見てしまうかもしれませんが、企業側としては、書類と面接だけで全く新しい人間を雇用する決定を下さなければならない訳です。少しでも、自分の事を正直に話してくれる試験者が居れば、担当者の目を引くかもしれません。この様にすれば、転職の弱みを強みに変える事が出来るかもしれません。



 転職者は、その人にしか経験したことのできないエピソードをたくさん持っています。自分がどんなことを達成してきたのか、何を学んできたのかを明確に伝えることで採用者もあなたの人間性や仕事ぶりを明確にイメージすることができます。将来転職を考えている人は、自分が何かを成し得たときのエピソードや、何かを学んだエピソードをしっかりと記憶しておくとよいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する