1. 組織の問題解決における「PDCA」の有用性

組織の問題解決における「PDCA」の有用性

by jeronimoooooooo
 PDCAという考え方は、今では一般的になっている、問題解決のための考え方です。PDCAは、4文字で表現しているように、4つの過程からなります。PLAN-計画、DO-実行、CHECK-検証、ACTION(改善)。ある目標に向けて計画を立て、それを実行し、実行結果を検証し、必要に応じて改善する、それがPDCAの考え方です。では、問題解決において、PDCAの有用性はどこにあるのでしょうか。それを説明していきたいと思います。

常に「CHECK-検証」ができる

 PDCAを採用するしないに関わらず、どんな仕事であれ、「PLAN-計画」「DO-実行」という過程は必ず存在しています。計画のない実行はなく、実行のない計画もありません。

 しかし、「CHECK-検証」となるとどうでしょうか。業務は日々行われ、どんな業務もその時の人員や設備が常に適切に稼働するように配置されています。つまり、計画と実行が日々の業務のほとんどの時間に使われているのです。その結果、「現在の手法が本当に正しく、効率的なのか」ということを考える機会はあまりない状態で作業をすることになります。次々と決められる計画に従って実行していかなければ、計画が未達になってしまうからです。

 この状態では、検証作業を行うことはできません。現場では実は「今よりもよい方法がある」と思っており、現在の方法に問題を感じていたとしても、それを実行に移す暇なく作業を行わなければいけないからです。

 PDCAでは必ず、実行の後に検証という過程が来ます。そして、検証された結果、「現場で思いついたもっとよい方法」が妥当であれば、その方法が最後のステップである「ACTION-改善」で、採用されます。この検証と改善という過程を常に取り入れているところが、問題解決に対する有用性です。

改善の輪を広げることができる

 PDCAでは常に4つの過程が繰り返されています。そしてそれは様々な現場で採用されます。例えばAという現場の検証過程で見つかった問題点は、実はBという現場にも当てはまるということがよくあります。その場合は、その時点でBでもAと同じ改善策を採用することで、即座に問題解決が図れることになります。

 このように、PDCAという4つの過程を常に繰り返していくことで、加速度的に社内で起きている様々な問題に対しての問題解決が可能になるのです。

 
 PDCAは日々繰り返して初めて効果をもたらす考え方なので、それぞれが継続する意思を持って行わなければなりません。しかし同時に、問題解決に大きく貢献してくれる概念・手法であると言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する