1. TOEICの点数をいち早く上げるテスト対策方法

TOEICの点数をいち早く上げるテスト対策方法

by Takashi(aes256)
 TOEICの基本的な対策は、まずは文法と語彙の把握です。それに加えてリスニングとリーディングの中で自分の学んだ文法や語彙をフル活用しなくては、高得点には繋がりません。リスニングとリーディングの対策は、ただ練習をひたすら繰り返すことです。単純で飽きやすい方法ですが、これを癖付けして何度も行うだけで、TOIECの対策としては万全であり、高得点にも一歩近づくことができるでしょう。それでは、TOEICの対策としての基本の勉強法をご紹介します。

文法と語彙の習得

 文法と語彙を理解していればしている程、TOEICのリスニングでもリーディングでも高得点につながります。文法も語彙も、TOEICに対応するには最低限高校レベルまでは完璧にし、さらに高得点を目指すのであればそれ以上のレベルの内容を勉強しましょう。

 文法に関しては、自分で短い文を作ったりと実用練習も行ってください。語彙に関しては、日常的な語彙だけでなく、ビジネス系の語彙も習得が必要になるので、TOEICの語彙集などで徹底的に勉強すると良いでしょう。その際に発音やアクセントも自分の口で練習していると、リスニングの聞き取りに効果的になります。

リスニングへの対策

 リスニングに強くなるには、聞く練習の回数をこなさなければ効果がありません。洋楽やテレビ、映画やラジオでも何でも良いので、「何を言っているのか意識しながら聞く」ということを何度も行ってください。

 おすすめとしては、最終的に耳だけで聞き取れるまで、同じものを繰り返し聞くという方法です。最初は歌詞カードや字幕を見ながらでも良いですが、慣れたらそれらを見ずに、耳だけで理解をする練習をしましょう。集中力が非常に必要となってくる練習ですが、回数をこなしていくと、必ず慣れてきます。その他にも、短い文章を自分で発音して耳に入れるという練習も効果的です。

リーディングへの対策

 TOEICのリーディング試験では、読むのが遅ければ遅いほど問題を解く時間がなくなり、結果スコアを上げることができません。逆を言えば、読解力の速度を速めることこそが高得点への対策となるのです。

 読解力を速めるには、読解を繰り返し続けましょう。自分の興味のある読み物を選び、いつでもどこでも暇さえあれば読むという癖をつけましょう。TOEIC勉強として読解を続け、途中でTOEICの問題集のリーディングをやると効果的です。自分の読解力の速さを実感できるかと思います。それによって、読むことへのモチベーションも上がるでしょう。


 TOEICの対策方法としては、まずはリスニングで聞こえてくる内容を理解する力をつけること、そしてリーディングの読解速度を上げることが重要になります。あらかじめ文法と語彙の基本をしっかりと理解し、「聞く」と「読む」の練習を何度も行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する