1. 【起業を考えるビジネスマン必読】平均的な独立開業資金の金額とその調達方法

【起業を考えるビジネスマン必読】平均的な独立開業資金の金額とその調達方法

 
 起業を考えている方にとって、独立、開業資金は非常に気になることでしょう。資金がしっかりと準備されていれば、開業する準備もあらかたできているということになります。ここでは、開業資金の平均の金額とその調達方法を紹介したいと思います。

平均的な開業資金の額

 平均的な開業資金の額ですが、独立開業資金の平均は1200万円、うち自己資金は400万円と言われています。独立するのであれば、しっかりと準備を行い、資金を貯めておく必要があるといえるのではないでしょうか。

自分のビジネスに当てはまるかをよく考える

 平均の開業資金を示しましたが、それが自分が行おうとしているビジネスに当てはまるのかもよく考えておきましょう。例えば、実際に店舗を持つ必要があるような場合は、開業資金がかなり多くかかりますが、インターネットを利用した場合は、自室でも開業することができるため、開業資金はそれほど多くなくてもいいです。自分がやるビジネスでは、どれぐらいの開業資金が必要なのかは十分に検討する必要があると言えるでしょう。

借り入れをすることで資金を集める

 開業資金が足りない場合は、借り入れを行い、資金を調達してくるというのが、一般的な考え方ではないでしょうか。借り入れをする時は、しっかりと返済の目処があるのかを考え、借金や負債になって首が回らない状態にならないように気をつける必要があるでしょう。

助成金を利用するという手も

 自己資金は少ないけど、借り入れのリスクは背負いたくないという場合は、助成金を利用してみるといった方法があります。条件などを受け入れることが出来るのであれば、国や自治体から助成金を得ることが出来るでしょう。こうして得た資金は、返済の義務がないものや、低利で貸出をしてくれるものが多いため、非常に有効な手段と言えます。


 ここでは、平均的な自己開業資金の平均とその調達方法を紹介しました。平均を頭に入れながら、自分のビジネスには、どれほどの資金が必要なのか考えてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する